@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プロトプラスト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プロトプラスト
protoplast
原形質体。植物細胞から細胞壁を取り除いた細胞をいう。細胞壁溶解酵素によって細胞壁を処理したプロトプラストは等張溶液中にしか生存できないが,細胞融合高分子物質の取込みといった性質を示す。こうした特質を生かし,自然界では交配不可能な細胞雑種を作ることに成功した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プロトプラスト(protoplast)
細菌・植物の細胞の細胞壁を人為的に取り除いたもの。細胞膜に包まれた原形質を指し、細胞融合などに使用。原形質体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

プロトプラスト
 原形質,原形質体ともいう.細胞内部の全体で細菌や植物では細胞の細胞壁を除いた部分

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プロトプラスト
〘名〙 (protoplast) 植物細胞の細胞壁を酵素処理によって取り除いた原形質の塊。細胞融合や遺伝子導入に使用。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロトプラスト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロトプラストの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation