@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プロノイア制度【プロノイアせいど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プロノイア制度
プロノイアせいど
Pronoia; the system of Pronoia
ビザンチン帝国における封建制度。「プロノイア」とは管理,保護を意味する。巨大化し,自立化しはじめた地方大土地所有者に対して,国有地の管理権を与えるかわりに国家に対する一定の奉仕義務を要求するプロノイア制度が,コンスタンチヌス9世 (在位 1042~55) の治下初めて記録されている。貸与された土地は一代限りで売買不能とされ,土地の農民と収益はプロノイア受給者に属した。アレクシウス1世 (在位 81~1118) のとき,この制度に軍事的色彩が強められ,受給者の範囲も中小貴族に広げられた。プロノイア受給者は単に「軍人」 stratiōtēsとも呼ばれ,戦時には騎兵として土地の大小に応じて部下の兵士を引率し,参戦する兵役義務を負った。さらにミカエル8世 (在位 1259~82) の治世になってからは,貸与された土地の世襲化が認められ,西欧の封建制度と本質的には変ることのないものになった。この制度は従来の皇帝頂点としたピラミッド型の中央集権制度を大きく崩壊させ,同時にビザンチン帝国滅亡の一要因となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロノイア制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロノイア制度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation