@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プロバンス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プロバンス
Provence
フランス南東部のローヌ川地中海岸,アルプスに囲まれる地方。旧州名。1790年旧プロバンス州はブーシュデュローヌ県バール県,バスザルプ県(→アルプドオートプロバンス県)の 3県に分割。今日ではボークリューズ県アルプマリティム県を含む。地中海気候の保養地として知られる。古くからギリシアの影響が及び地中海沿岸にマルセイユニースアンティーブなどギリシア人植民都市が成立し,次いでローマの属州となった。843年ベルダン条約でロタールの領地に含まれたが,さらに分立して 855年プロバンス王国となった。プロバンス王国はやがてブルゴーニュ王国と合わせてアルル王国とも呼ばれた。1032年以後プロバンス王の称号はドイツ皇帝が兼ねることになったが,実質的な支配権はイスラム教徒の海上からの侵攻を撃退したプロバンス伯が掌握した。初めツールーズ伯,次いでバルセロナ伯がこれを兼ねたが,1246年フランス王ルイ9世の弟シャルル・ダンジューが取得して地中海政策の根拠地としてのち,アンジュー家の支配下に独自の制度が発達した。なかでもルネ1世は名君としてこの地方の記憶に定着している。1482年フランス王が伯を兼ね,絶対王政期を通じて政治制度のフランス化が進められ,フランス革命によって最終的にフランスの地方行政のなかに編入された。産業としては後背山地を中心とした牧羊,斜面や低地のオリーブ,ブドウ栽培,コートダジュール(リビエラ海岸)の観光などのほか,近年ではマルセイユ近郊フォスのような総合的臨海工業地帯の化学工業なども発達している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

プロバンス
南フランス地方の地域名。その地方の住宅景観を内外装の建材により日本でも再現する事がある。俗に、プロバンス風住宅などと言われる。インテリアにも反映される事もある。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プロバンス【Provence】
フランス南東部の地方(旧州名)。西はローヌ川,南は地中海,東はイタリア国境のアルプス山脈によってくぎられる。現在の行政区画では,ブーシュ・デュ・ローヌ,ボークリューズ,アルプ・ド・オート・プロバンス,バル,アルプ・マリティムの5県からなる。
[自然]
 範域の多くは,アルプス山脈,プレ・アルプス山脈によっておおわれ,山地は海岸部にまで迫っている。ローヌ川沿岸は平野となっているが,河口付近ではクロー荒地およびカマルグ湿地となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

プロバンス【Provence】
フランス南東部、ローヌ川下流からイタリア国境にかけての地中海に面する地域。海浜はコートダジュールと呼ばれる保養地。カンヌ・ニースなどの観光都市がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

プロバンス
ぷろばんす
Provence
フランス南東部の歴史的地域名、旧州名。ローヌ川下流からアルプス山脈に至る地域で、現在のブーシュ・デュ・ローヌ、バール、アルプ・ド・オート・プロバンス、アルプ・マリティーム、ボークリューズの5県にあたる。ローヌ川河口のカマルグ地方を除き、大部分は山がちである。山中ではヒツジの飼育が盛んで、よく発達した河谷にはブドウ、オリーブなどが栽培され、地中海海岸部では温暖な気候を利用して野菜、果樹、花卉(かき)の集約的な農業が行われている。デュランス川とベルドン川流域は灌漑(かんがい)水利が発達している。海岸地帯はコート・ダジュールを中心に観光・保養都市が連続し、工業はマルセイユ周辺に発達している。古くからギリシア、ローマの影響を受け、その遺跡が多い。主要都市はマルセイユ、トゥーロン、ニース、エクサン・プロバンス、アルル、アビニョンなど。[青木伸好]

歴史

ローマがガリア征服に際してこの地を最初のプロウィンキア(属州)としたのが地名の由来である。この地方は、帰属などをめぐって特異な発展過程をたどり、プロバンス語(オック語のプロバンス方言)をもち、習俗もイタリア、スペインと共通する面があるなどの特徴をもつ。
 紀元前7世紀よりギリシア人が植民し、ローマ時代にも繁栄した。のちフランク王国、ロタールのイタリア王国、ブルゴーニュ王国に属したが、973年ごろイスラム教徒を撃退したウィリアム解放伯がプロバンス伯の始祖となる。11世紀神聖ローマ帝国に属したこともあり、12世紀には婚姻によってスペインのバルセロナ伯の支配を受けた。13世紀にさらに婚姻によりアンジュー伯領に加えられ、シチリア王位についた同伯家がアラゴン家によって王位を追われてプロバンスに帰ったのち、遺贈の形でプロバンス伯領はフランス王ルイ11世に譲られた(1481)。この間12世紀ごろフランス風の封建制が成立していくが、一方十字軍遠征を契機として都市の復興も著しかった。1348年にはアビニョンが教皇クレメンス6世に売却されている。下ってフランス革命下、山岳派独裁の国民公会時代、この地がジロンド派の拠点として公会に反抗したが、1793年マルセイユおよびトゥーロンの陥落でこの抵抗に終止符が打たれた。[石原 司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プロバンス
(Provence) フランス南東部の地中海に面する地方。旧州名。紀元前二世紀ローマの最初の属州(プロウィンキア)となる。ブルグント王国・フランク王国領を経て中世にはプロバンス伯爵領。一四八一年フランスに編入された。気候温暖で果実・米を産する。海岸は国際的な保養地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プロバンス(Provence)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロバンス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロバンスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation