@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プロボクシング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プロボクシング
professional boxing
ボクシングを職業としている人たちの行なうボクシング。競技は体重に基づく階級別で行なう。階級は軽い順に,ミニマム級 (47.61kg以下) ,ライトフライ級 (48.98kg以下) ,フライ級 (50.80kg以下) ,スーパフライ級 (52.16kg以下) ,バンタム級 (53.52kg以下) ,スーパーバンタム級 (55.34kg以下) ,フェザー級 (57.15kg以下) ,スーパーフェザー級 (58.97kg以下) ,ライト級 (61.23kg以下) ,スーパーライト級 (63.50kg以下) ,ウエルター級 (66.68kg以下) ,スーパーウエルター級 (69.85kg以下) ,ミドル級 (72.57kg以下) ,スーパーミドル級 (76.20kg以下) ,ライトヘビー級 (79.38kg以下) ,クルーザー級 (86.18kg以下) ,ヘビー級 (86.18kg超) の 17階級に分かれている。試合は3分1ラウンドで,ラウンド回数は4回,6回,8回,10回,12回のいずれか。世界タイトルマッチは 12回戦で行なわれる。プロボクシングの統轄団体はおもなものに,世界ボクシング協会 WBA,世界ボクシング評議会 WBC,国際ボクシング連盟 IBF,世界ボクシング機構 WBOの4団体があり,各団体が世界王者を認定する。日本のプロボクシングを統轄する日本ボクシングコミッション JBCは,WBA,WBCの2団体を認定している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プロ‐ボクシング
professional boxingから》興行として行うボクシング競技。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プロ‐ボクシング
〘名〙 (プロは「プロフェッショナル」の略、ボクシングはboxing) 興行として行なわれる拳闘。
※安吾巷談(1950)〈坂口安吾〉世界新記録病「プロ・ボクシングの世界選手権試合」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロボクシング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロボクシングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation