@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プロメチウム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

プロメチウム
promethium
元素記号 Pm ,原子番号 61。周期表3族,希土類元素ランタノイド元素の1つ。天然には存在しない。プロメチウム 145 (半減期 18年,α壊変および電子捕獲) のほか,13種の人工放射性核種が知られている。 1926年イリノイ大学の B.ホプキンスによりモナズ石中に発見されたとして報告され,イリニウムと呼ばれたこともある。これとほとんど同時に,イタリアの R.ローラによって発見され,フロレンシウムと命名されたとの報告もあるが,いずれも誤報であり,安定核種は存在しないと考えられる。 47年 J.マレンスキーらはイオン交換クロマトグラフィーにより,核分裂生成物から 61番元素分離,確認した。ギリシア神話で人間に火を与えたプロメテウスにちなんでプロメチウムと命名した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

プロメチウム(promethium)
希土類元素ランタノイドの一。核分裂生成物中に発見された人工放射性元素で、名はプロメテウスにちなむ。元素記号Pm 原子番号61。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プロメチウム【promethium】
周期表元素記号=Pm 原子番号=61融点=1035℃ 沸点=2730℃電子配置=[Xe]4f55d06s2 おもな酸化数=III,IV周期表第IIIA族,希土類元素に属するランタノイド元素の一つ。1926年アメリカのイリノイ大学のホプキンズB.S.Hopkinsらによってモナザイトから分離した希土類元素を含む物質中に,また同じころイタリアのローラL.Rollaによっても発見されたと報告され,それぞれの地名にちなんでイリニウムIllinium,フロレンチウムFlorenciumと命名された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

プロメチウム【promethium】
ランタノイドの一。元素記号 Pm  原子番号61。同位体はすべて放射性。最も半減期の長い核種の質量数は一四五で、17.7年。天然に存在するものは確認されず、核分裂生成物の分離によって初めて存在が確認された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

プロメチウム
ぷろめちうむ
promethium
周期表第3族、希土類元素に属するランタノイド元素の一つ。人工放射性核種の一つでもある。天然にはウラン鉱石中に痕跡(こんせき)の存在が認められるのみで、実質的には存在しない。61番元素を探す試みは多くの化学者によって行われ、発見したという報告が1926年ごろ5件も提出されたが、いずれも裏づけができず公認されなかった。サイクロトロンを用いて放射性元素を得る試みもなされたが、最終的に1945年、アメリカのマリンスキーJacob A.Marinsky(1918―2005)らが原子炉で生成し、ウランの崩壊物質中から取り出して初めて存在を確認、1947年に発表した。第二の火といわれるウランの核分裂生成物中に発見されたことから、ギリシア神話の火の神プロメテウスPrometheusにちなんで名づけられた。質量数140から152までと、154の同位体が知られている。もっとも半減期が長いのはプロメチウム145(17.7年)であるが、核燃料の再処理でもっとも多量にプロメチウム147(2.6年)が得られるので、これから化合物や金属がつくられた。銀白色金属。酸化数の化合物をつくり、多くは淡紅色である。[守永健一・中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プロメチウム
〘名〙 (promethium) 希土類元素の一つ。記号は Pm 原子番号六一。人工放射性核種で、一九四七年マリンスキーらがウランの核分裂生成物中に発見。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

プロメチウム
プロメチウム
promethium

Pm.原子番号61の元素.電子配置[Xe]4f 56s2の周期表3族ランタノイド元素.希土類元素セリウム族の一つ.質量数126~163までの同位体核種が知られている.すべて放射性核種.安定同位体は存在しない.地上には存在しないが,アンドロメダ星雲中の星に分光スペクトルから存在が観測された.もっとも長寿命(半減期17.7 y)の同位体の質量数は145.1941年,オハイオ州立大学のサイクロトンでネオジム,プラセオジムを重陽子で照射して生成したと報告し,サイクロニウムと命名したが確認されず,J.A. Marinsky,L.E. Glendenin,C.D. Coryellがオークリッジ国立研究所の黒鉛炉の核分裂生成物からイオン交換樹脂で分離してはじめて1945年に確認された.軍事機密とされていたので発表は1947年.人工元素であることから天上から火を盗んだとされるギリシア神話のプロメテウスにちなんで命名された.密度7.22 g cm-3.融点1042 ℃,沸点2700 ℃.第一イオン化エネルギー5.582 eV.原子半径183 pm.主要酸化数3で化学的性質はネオジム,サマリウムに似ている.30種類あまりの化合物がつくられた.プロメチウム塩は高い放射能のために暗闇で淡青または緑色蛍光を発する.もっとも普及している用途は,蛍光灯点灯管の放電開始特性向上用で,半減期2.62 y の β 崩壊核種 147Pm が用いられている.[CAS 7440-12-2]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロメチウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロメチウムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation