@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

プロレス

デジタル大辞泉

プロ‐レス
《professional wrestlingの興行として行われるレスリング。ショー的要素が大きい。プロレスリング。→レスリング

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

プロレス
力士からプロレスラーに転向した力道山空手チョップで外国人レスラーをなぎ倒して空前ブームを巻き起こした。63年に力道山が他界した後は「ジャイアント馬場・アントニオ猪木時代」が到来。猪木氏が72年に旗揚げした新日本プロレスは80年代にタイガーマスクらの登場で全盛を迎えた。その後、場外乱闘や派手な技を排除した前田日明選手率いるUWFがブームとなった。さらに多くの団体が生まれて群雄割拠となったが、選手が分散したり、中継が深夜帯に移ったりして人気が下降一方K―1などの格闘技の人気が高まった。
(2006-01-12 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉プラス

プロレス
任天堂が発売するゲームソフト。スポーツゲーム。1986年10月発売。ファミリーコンピュータ用。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

プロレス
リング上で行われる興行としての格闘技でショー的要素が強い。プロフェショナルレスリングprofessional wrestlingの略。
[歴史]
 ギリシア・ローマ時代にはすでに職業レスラーが存在したが,現在のような形の興行としてのプロレスが確立されたのは19世紀末といわれ,1905年にはフランク・ゴッチが初代世界王者に認定されている。アメリカで人気が高まったのは第2次世界大戦後で,1948年には世界最大の組織National Wrestling Alliance(NWA),現World Championship Wrestling (WCW)がプロモーター(興行主)の同盟組織として作られ,〈鉄人〉と呼ばれたルー・テーズが長期にわたって王座を守った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

プロレス
興行として行われるショー的要素の強いレスリング。カウントスリーのフォール、またはギブアップで勝敗を決する。プロレスリング。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

プロ‐レス
〘名〙 「プロレスリング」の略。
※火の山(1955)〈井上友一郎〉三「プロレスや拳闘の試合に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロレス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

プロレスの関連情報

関連キーワード

独立リーグWindows 7ウィンドウズ7LピックWindows XPOffice 2004Virtual PCプロ野球Windows MobileATP

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation