@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘイムスクリングラ

世界大百科事典 第2版

ヘイムスクリングラ【Heimskringla】
スノッリ・ストゥルルソン作のサガ。1230年ころの作。最古の伝説時代から1177年にいたるノルウェー王朝史を扱う。〈ヘイムスクリングラ〉は〈世界の〉ので,写本冒頭の語から採られている。一大長編で,ヨーロッパ中世にあって自国語で書かれた歴史記録として質量ともに最もすぐれたものの一つであろう。内容は,(1)異教時代の北ゲルマン人の信仰,生活,文化,(2)キリスト教改宗期の変化,(3)改宗後の歩み,という北欧スカンジナビア史の3段階が詳細に叙述され,北欧の激動期を知るうえでの興味の尽きない資料といえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ヘイムスクリングラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘイムスクリングラの関連情報

関連キーワード

歩合アニシジン(データノート)配偶者特別控除偶置換気象衛星授産施設多国籍企業大分県の要覧大正天皇アミノフェノール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation