@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘイ

デジタル大辞泉プラス

ヘイ
タイ、バンコクを中心に開催された2005年アジア室内競技大会の大会マスコット。ゾウモチーフ

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヘイ【John Milton Hay】
1838‐1905
アメリカの政治家。インディアナ州生れ。ブラウン大学卒業後弁護士となり,郷党の先輩リンカン大統領の秘書を務め,リンカンの死後,外交官としてパリ,ウィーンマドリードに駐在。帰国後《ニューヨークトリビューン》紙副編集長として活躍。その後国務次官,駐英大使を経て,1898年から約7年にわたり,W.マッキンリー,T.ローズベルト両大統領のもとで国務長官を務める。その間1899年にはヘイ覚書によって中国への門戸開放主義を提唱し,1901年はヘイ=ポンスフォート条約を締結しパナマ運河建設の道を開くなど,アメリカ型の経済主義的な対外膨張政策の原型をつくった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘイ
へい
John Milton Hay
(1838―1905)

アメリカの詩人、ジャーナリスト、政治家。インディアナ州の農村で生まれ、ブラウン大学を卒業、南北戦争中リンカーン大統領の秘書を務めた。その後パリ、ウィーン、マドリードのアメリカ公使館勤務を経て、帰国後『ニューヨーク・トリビューン』紙論説委員(1870~74)、78年国務次官補。70、80年代に多くの詩、小説、歴史(リンカーン伝)を書いた。マッキンリー大統領により駐英大使(1897~98)に任命され、アメリカ・スペイン戦争に際してイギリスとの友好関係を深め、国務長官(1898~1905)となり、中国に関する門戸開放通牒(つうちょう)を発し(1899、1900)、またヘイ‐ポンスフォート条約(1901)を結び、パナマ運河建設に道を開いた。

[高橋 章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ヘイ

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘイの関連情報

関連キーワード

マイケル フェルプスライアン ロクテライアン ロクテアーロン ピアソルアーロン ピアソルアリソン フェリックスマーリーン オッティカースティ コベントリーカースティ コベントリーマイケル フェルプス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation