@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘストン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘストン
Heston, Charlton
[生]1924.10.4. イリノイ,エバンストン
[没]2008.4.5. カリフォルニア,ビバリーヒルズ
アメリカ合衆国の俳優。本名 John Charlton Carter。彫りの深い容貌と迫力ある声を武器に,歴史上の人物や名作文学の登場人物を数多く演じた。高校在学中に演劇に親しみ,奨学金を得てノースウェスタン大学に進学。1946年ニューヨークに移り住み,翌 1947年ブロードウェーで初舞台を踏んだ。ハリウッドデビュー作『虐殺の街』Dark City(1950)を見たセシル・B.デミル監督に見込まれ,『地上最大のショウ』The Greatest Show on Earth(1952)でサーカスの団長役に抜擢。デミル監督の『十戒』The Ten Commandments(1956)で演じた預言者モーセ役は最大のあたり役となった。大スターの地位を確立し,名監督たちの作品に続々と出演。ウィリアム・ワイラー監督の『ベン・ハー』Ben-Hur(1959)はアカデミー賞 11部門を制し,ヘストンは主演男優賞に輝いた。『アントニークレオパトラ』Antony and Cleopatra(1973)では監督も手がけている。映画俳優組合委員長(1966~71),全米ライフル協会会長(1998~2003)などを務めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘストン
へすとん
Charlton Heston
(1924―2008)
アメリカの俳優。イリノイ州エバンストンに生まれる。大学卒業後、空軍に入隊。除隊後キャサリン・コーネル劇団に参加。1950年映画界入り。がっちりした体格と風貌(ふうぼう)から史劇への出演が多く、『ベン・ハー』(1959)でアカデミー主演男優賞を受賞。代表作に『地上最大のショウ』(1952)、『十戒』(1957)、『大いなる西部』(1958)、『華麗なる激情』(1965)、『猿の惑星』(1968)、『ソイレント・グリーン』(1973)など。1998年、全米ライフル協会(NRA)会長就任(2003辞任)。[畑 暉男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘストン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘストンの関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ビダールビッチ内閣総理大臣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation