@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘッケル【へっける】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘッケル(Ernst Heinrich Haeckel)
へっける
Ernst Heinrich Haeckel
(1834―1919)
ドイツの動物学者。ウュルツブルク大学でケリカー、ベルリン大学でJ・P・ミュラーに学び、とくにミュラーの影響を受けて海産動物の研究に従事した。イエナ大学動物学教授(1865~1909)となり、またカナリア諸島、紅海、セイロン島、ジャワ島に採集研究旅行を行った。主として海産無脊椎(むせきつい)動物に関する形態学的、系統学的、および発生学的研究から、「個体発生は系統発生の短縮された、かつ急速な反覆である」とする有名な「生物発生の根本法則」をたてた。この法則はその後長く多くの生物学者に大きな影響を与え、この法則に頼って生物系統を探究しようという努力がなされたが、のちには批判的な意見が多く現れた。ヘッケルは、後生動物は単細胞生物の群体に陥入が生じて腔腸(こうちょう)動物に進化したという腸祖動物説を唱えた。C・R・ダーウィンの進化論が発表されるとただちにこれを受容し、その普及に力を尽くしたが、ダーウィン学説を極端な形で推し進めたために、超ダーウィン主義とよばれた。さらに生態学を学問として確立することにも貢献した。
 ヘッケルの哲学的立場は一般には唯物論的一元論であるといわれるが、観念論的自然哲学の要素も多く、複雑である。それにもかかわらず、彼の思想は当時の生物学界、思想界に多大の影響を与えた。主著に『一般形態学』(1866)、『自然創造史』(1868)、『人類の発生』(1874)などがある。[八杉貞雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘッケル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘッケルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation