@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘッケル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘッケル
Haeckel, Ernst (Heinrich Philipp August)
[生]1834.2.16. ポツダム
[没]1919.8.9. イェナ
ドイツの生物学者。父は行政官。ウュルツブルク,ベルリン両大学で医学を学ぶ。ベルリン大学で当時教授であった J.ミュラーの影響を受け,海産動物の研究に関心をもつ。 1861年,イェナ大学より動物学の学位を取得,同年員外教授,65年より正教授。 C.ダーウィンの『種の起原』が出版されると,それを支持し,進化論普及・啓蒙に努めた。彼は自然界全体を一元的に説明することを志し,そのための基礎理論としての役割を進化論に求めた。また無生物界から生物界への連続的な移行を想定し,両界をつなぐものとしてモネラという原始的な生物を仮想。それは蛋白質から成る無構造の塊とされ,これに物理法則が働いて単細胞生物へ,さらに多細胞生物へと進化すると考えた。この仮説を一時裏づけていたモネラの発見は,誤りであることがのちに判明した。生物を物理法則で説明しようとする基本姿勢は,遺伝に関する理論においてもとられており,原形質をつくっている分子の運動で遺伝の仕組みを説明。理論的考察のみに基づいてではあるが,核が遺伝に関係していることを,66年という早い時期に示唆した。また,有名な反復説を定式化し,「生物発生原則」とも呼んで重視した。主著『一般形態学』 Generelle Morphologie der Organismen (1866) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘッケル
Heckel, Erich
[生]1883.7.31. デーベルン
[没]1970.1.27. ラードルフツェル
ドイツの画家。ドレスデンの工科大学で建築を学び,のち絵画に転じた。友人 E. L.キルヒナーらとともに 1905年,表現主義運動「ブリュッケ」を創設。 11年よりベルリン定住。 49~56年までカルルスルーエ美術学校教授をつとめた。強烈な色彩とはっきりした輪郭による風景,人物画が特色。また木版画石版画も多数制作した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヘッケル(Ernst Heinrich Haeckel)
[1834~1919]ドイツの動物学者。海産の無脊椎動物を研究。ダーウィン進化論を支持し、生物の進化類縁関係の系統樹を作り、個体発生系統発生を要約して繰り返すという生物発生原則反復説)を主張生態学確立にも貢献「一般形態学」「自然創成史」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヘッケル【Ernst Heinrich Philipp August Haeckel】
1834‐1919
ドイツの動物学者。ポツダムの生れ。ケリカーR.A.von Kölliker,R.フィルヒョーの教えを受け,さらにベルリン大学でJ.ミュラーに師事して,放散虫,海綿動物,腔腸動物等の海産下等動物の研究に入った。1862年にイェーナ大学に招かれ,のちに動物学教授となる。ダーウィン進化論をいちはやくドイツに受容し,その普及と学説の拡大(無機物,人間を含ませる)に尽くした。包括的な系統樹を構想し,形態学を構造的側面のみならず,継時的側面からも動態化した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ヘッケル【Ernst Heinrich Haeckel】
1834~1919 ドイツの動物学者。海産無脊椎動物を研究。ダーウィンの進化論に基づき生物の進化類縁関係を系統樹で示し、個体発生と系統発生の関係について生物発生原則を提唱。著「人間創成史」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヘッケル
(Ernst Heinrich Haeckel エルンスト=ハインリヒ━) ドイツの生物学者。ダーウィンの進化論を支持し、生物の進化類縁関係の系統樹を作った。「個体発生は系統発生をくり返す」という生物発生原則を提唱。著「一般形態学」「自然創成史」など。(一八三四‐一九一九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘッケル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘッケルの関連情報

関連キーワード

ドラクロアメルバーンイーストレーキカックランキダーコープランドレースラー葛飾北斎野村軍記ファトフ・アリー・シャー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation