@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘットナー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘットナー
Hettner, Alfred
[生]1859.8.6. ドレスデン
[没]1941.8.31. ハイデルベルク
ドイツの地理学者ハレボンストラスブール各大学に学ぶ。 1899~1928年ハイデルベルク大学教授。 1882~90年に2回にわたり,南アメリカに,1913~14年アジアに研究旅行を行い,その際来日して,日本アルプスを調査し,ヘットナー石を発見した。哲学的,科学的な考え方をもとにして地理学地誌的科学であると説明し,原理的研究を行う一般地理学に対して,地域的特性を研究する地誌学を地理学の中心課題とした。主著に『地理学,その歴史,本質,方法』 Die Geographie,ihre Geschichte,ihr Wesen und ihre Methoden (1927) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヘットナー(Alfred Hettner)
[1859~1941]ドイツの地理学者。地誌研究を地理学の中心に置くことを主唱。1913年来日の際、長野県の梓川下流で条痕のある花崗岩塊(いわゆるヘットナー石)を発見して氷堆石(ひょうたいせき)だとしたが、現在では疑問視されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ヘットナー Hettner, Alfred
1859-1941 ドイツの地理学者。
1859年8月6日生まれ。ハイデルベルク大教授。大正2年(1913)来日し,北アルプス梓(あずさ)擦痕(さっこん)のある「ヘットナー石」を発見。日本にも氷河があったと主張し,わが国の氷河論争の発端となった。1941年8月31日死去。82歳。ドレスデン出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ヘットナー【Alfred Hettner】
1859‐1941
ドイツの地理学者。ドレスデンに生まれる。ハレ,ボン,ストラスブールなど各大学に学ぶ。1882‐84年南米コロンビアを調査,以後再度の南米行(1888‐90)のほか,ロシア(1897),北アフリカ(1911),アジア(1913‐14)と諸地方を旅行した。アジア研究旅行の際は来日し,日本アルプスを踏査,〈ヘットナー石〉を発見(1913)している。ヘットナー石は長野県の梓川の稲核(いねこき)橋付近にあった花コウ岩塊で,ヘットナーは擦痕からモレーンであると考え(後に山崎直方が命名),日本における氷河論争の発端の一つになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘットナー
へっとなー
Alfred Hettner
(1859―1941)

ドイツの地理学者。ハイデルベルク大学教授として、地理学の歴史・方法論を研究し、近代地理学の体系化を行い、その確立に大きく貢献した。とくにブラジルやアジアを旅行し、地域の性格を地理的諸事象との関連から明らかにする地誌学こそ、地理学の中核をなすことを主張した。1913年(大正2)来日し、北アルプスの梓(あずさ)川沿岸で氷河の擦痕(さっこん)のある石を発見した。これにより日本の氷期にも低位置まで氷河があったと唱え、日本の氷河論争の端緒を開いたことは有名である。この石をとくにヘットナー石と称した。主著に『比較地誌学』4巻(1932~1935)、『地理学――その本質・方法・歴史について』(1927)、『地誌学の基本問題』(1907~1924)などがある。ユダヤ系のため、晩年はナチスの迫害を受けた。

[市川正巳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ヘットナー
生年月日:1859年8月6日
ドイツの地理学者
1941年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヘットナー
(Alfred Hettner アルフレッド━) ドイツの地理学者。地誌科学としての地理学を体系化した。大正二年(一九一三)来日。ヘットナー石を発見した。主著「地理学━その歴史、本質および方法について」など。(一八五九‐一九四一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘットナー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘットナーの関連情報

関連キーワード

ビラフランカの和議余計者光の科学史インド大反乱川本幸民岡田普理衛ゼーバッハデカルソンデントン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation