@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘパラン硫酸

栄養・生化学辞典

ヘパラン硫酸
 ヘパリチン硫酸ともいう.D-グルコサミン,D-グルクロン酸,L-イズロン酸を構成糖とする多糖のN-アセチル,N-硫酸,O-硫酸置換体.ヘパリンに似た物質で,動物体内に広く分布している.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ヘパラン硫酸
ヘパランリュウサン
heparan sulfate

heparitin sulfate.動物の結合組織に広く存在し,動脈組織,白血球,脳,腎臓,肝臓などに見いだされる.ヘパリンと同様に,N-スルホ-D-グルコサミン,N-アセチル-D-グルコサミン,D-グルクロン酸,L-イズロン酸からなる多糖で,二糖当たり1個の硫酸基を含むグルコサミノグリカン.硫酸基,L-イズロン酸基,N-硫酸基の含量が少ない点がヘパリンと異なり,抗血液凝固作用はない.タンパク質と結合したプロテオグリカンの形で細胞膜に普遍的な成分である.分子量2~15×103+38→+78°.ヘパラン硫酸の代謝異常症(ムコ多糖症)が知られているが,それらは分解に関与する特定の酵素が欠損している.機能としては,血管内皮細胞素表面への酵素のつなぎ手の役割や細胞の特異性発現,増殖の調節,相互認識,接着などへの関与があげられる.[CAS 9050-30-0]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘパラン硫酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘパラン硫酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation