@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘビアス・コーパス

世界大百科事典 第2版

ヘビアス・コーパス【habeas corpus】
イギリスの裁判所令状の一つ。13世紀初めころから発達したもので,〈身柄を持参すべし〉という意味。裁判所が拘禁の理由を取り調べ,その結果にもとづいて適当な処分を行うため,被拘禁者の身柄を裁判所に提出すべきことを拘禁者に命ずるもの。とくに17世紀に,スチュアート朝国王がみだりに人民を逮捕して審理を行わずに拘禁を続けた場合に,そのような君主大権の濫用に対する人身の自由保護のための救済手段として活用され,1679年の〈ヘビアス・コーパスアクト(人身保護法)〉によって,この令状の順守が明確に義務づけられるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ヘビアス・コーパス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘビアス・コーパスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation