@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘブライ

大辞林 第三版

ヘブライ【Hebraios】
イスラエル民族。また、その言語や文化。ヘブル。 希伯来とも書くイスラエル

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘブライ
へぶらい
Hebrew
ヘブライ語の'ibrに由来し、元来はヘブライ人の意であるが、のちには呼称として古代イスラエルの民族、文化、言語などを総称する際に用いられる。たとえば古代イスラエルの言語はイスラエル語ともユダヤ語ともいわず、ヘブライ語とよぶ。ヘブライ人(ヘブル人)とはもともと民族名ではなく、紀元前二千年紀、古代オリエント地域一帯に広がっていた貧しい社会層ハビルabiruと関係するらしい。その一部が目に見えない神を信じて団結し、現在のパレスチナに定住した。これがヘブライ人、すなわち古代イスラエル人の起源であるともいわれる。事実、『旧約聖書』のなかでは、古代イスラエル人社会内の僕(しもべ)がヘブライ人とよばれている(「申命記(しんめいき)」15章12節)。『新約聖書』においては、当時ギリシア語を話すユダヤ人に対し、ヘブライ語を話すユダヤ人をヘブライ人とよぶ(「使徒行伝」6章1節)。またそういうユダヤ人にあてて記された「ヘブライ人への手紙」が『新約聖書』のうちの一書をなしている。使徒パウロも自分のことをヘブライ人といっている(「ピリピ書」3章5節)。[月本昭男]
『前田護郎著『ことばと聖書』(1963・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘブライ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘブライの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation