@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘミセルロース

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘミセルロース
hemicellulose
植物中にセルロースとともに存在する多糖類をいう。アルカリ水溶液に可溶で分解すると単糖類を生じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヘミセルロース(hemicellulose)
多糖類一種植物繊維から抽出される。セルロースと構造上の関係はない。擬繊維素

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ヘミセルロース
 植物細胞壁の成分で,アルカリで抽出できる多糖で,主たる物質キシランであるが,他の多糖も抽出されうる.セルロースは溶けないので,含まれない.研究者によって定義に多少異同がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へみせるろーす【ヘミセルロース】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

ヘミセルロース
ヘミセルロース
hemicellulose

木材,穀物,草類,シダ,裸子植物など陸生植物の細胞壁構成成分で,セルロースペクチンを除く水不溶性の多糖区分の総称.1種類の単糖からなるホモ多糖類として,D-キシラン,D-マンナン,D-ガラクタンがある.2種類あるいはそれ以上の単糖類から構成されるヘテロ多糖類が多く,マンノース,ガラクトース,キシロース,アラビノース,グルクロン酸などが含まれる.一般に,構造は枝分れが多く複雑である.植物組織に亜クロム酸H3CrO3を加えて,75 ℃ で処理してリグニンを除いてホロセルロースを得る.10% アルカリ溶液を加えて抽出中和して,ヘミセルロースA区分を得る.エタノール沈殿による酸性多糖としてヘミセルロースB区分を得る.アルカリ性銅溶液による沈殿,アルコールによる分別沈殿によって精製する.アルコール発酵や酵母の製造に利用される.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘミセルロース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘミセルロースの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation