@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘラクレイトス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘラクレイトス
Hērakleitos
[生]前540頃
[没]前480頃
古代ギリシアの哲学者。エフェソス出身。孤高の生涯をおくり「泣く哲学者」「暗い人」と称される。万物流転 (パンタ・レイ) 説や火を原理としたことで知られるが,生成消滅を繰返す世界の理法として相対立する諸傾向のうちに逆向きの調和を認めた。著作としては『自然について』 Peri physeōsの名が伝えられるが現存しない。「知とは,みずからにではなくてロゴスに聞いて万物の一なることを認めることである」との言葉には彼の哲学が集約されている。 (→戦いは万物の父であり,万物の王である )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヘラクレイトス(Hērakleitos)
[前540ころ~前480ころ]古代ギリシャの哲学者。万物は「ある」ものではなく、反対物の対立と調和によって不断に「なる」ものであり、その根源は火であると主張した。その学説は、万物流転説とよばれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヘラクレイトス【Hērakleitos】
ギリシアの哲学者。生没年不詳だが,前500年ころがその活動の盛期とされる。エフェソス王家の出身。火を万物のもとのものとし,その万物は変化してやまぬと説いた哲学者とされてきたが,いわゆる〈すべては流れる(パンタ・レイpanta rhei)〉という有名な言葉もプラトンアリストテレスの批判的解釈を継承したシンプリキオスの言葉であって,彼自身の直接の発言ではない。火や流動についてもたしかに述べてはいるが,それは彼の哲学の一面であって,もっとも重要なのは〈ロゴス〉についての考えである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ヘラクレイトス【Herakleitos】
紀元前五~六世紀のギリシャの哲学者。万物の根源を火と考え、万物は永遠に生成変化する(万物流転)が、その流動のうちに調和と理法があると説いた。生没年未詳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘラクレイトス
へらくれいとす
Herakleitos
(前540ころ―?)
古代ギリシアの哲学者。小アジアのイオニア地方の町エフェソスの王家に生まれる。高邁(こうまい)であったが傲岸(ごうがん)。同時代のエフェソス市民をはじめホメロス、ヘシオドス、ピタゴラス、クセノファネスといった詩人や哲学者を痛罵(つうば)した。『ペリ・フュセオース』(自然について)とよばれる著作は、宇宙、政治、神を扱う3部に分かれていたらしいが、散逸して、残っているのは断片ばかりである。宇宙には相反するものの争覇があって、あらゆるものはこうした争覇から生じる。したがって、「戦いは万物の父、万物の王」である。しかし、こうした争覇のうちに秘められた調和、「反発的調和」(パリントロポス・ハルモニエー)をみいだすことができる。これが世界を支配するロゴス(理法)であって、こうしたロゴスの象徴として火が想定される。火は転化して水となり、水は土となる(下り道)。土は水となり、そして水は火に還(かえ)る(上り道)が、「上り道も下り道も一つであって同じものである」。二つの道は相反しているものの、全体としては調和が保たれており、この世界は「つねに活(い)きる火としてほどよく燃えながら、いつもあったし、あるし、あるであろう」と説いている。こうした思想を、彼は短い箴言(しんげん)風の文体で書きつづったが、それは晦渋(かいじゅう)を極め、「闇(やみ)の人」とか「謎(なぞ)をかける人」といったあだ名を与えられた。[鈴木幹也]
『田中美知太郎訳『ヘラクレイトス』(『世界文学大系63 ギリシア思想家集』所収・1965・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヘラクレイトス
(Hērakleitos) 紀元前六世紀から前五世紀の古代ギリシアの哲学者。万物の根源を「永遠に生きる火」とし、すべては永遠に生滅・変化し(万物流転)、あらゆる動と生は対立者の相克から生まれる(戦いは万物の父)と説いた。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ヘラクレイトス
Herakleitos
生没年不詳
前500年ごろ活躍したギリシアのイオニア学派の自然哲学者
エフェソスの生まれ。火・空気・水・土の相互への変化による生成・消滅の流動性を物の本質と考え,「万物は流転する」と唱えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘラクレイトス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘラクレイトスの関連情報

関連キーワード

余剰農産物協定瑜伽行派ネポスギリシア美術レオニダス法興王新羅新羅文化真興王法興王

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation