@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘリオポリス

世界大百科事典 第2版

ヘリオポリス【Hēliou polis】
カイロの北東郊外にある古代エジプトの太陽神信仰の中心地のギリシア名。古代エジプト名はイウヌウIunu,聖書地名のオンOnに相当する。太陽神(アトゥムおよびラー)を宇宙創造神とする〈ヘリオポリス神学〉は,オシリス神話をも取り込んでエジプトの宗教思想に深い影響を与え,他の大神はラーとの習合により太陽神,創造神の権威を主張し,イクナートンアテン信仰の源泉ともなった。神域に奉納された太陽神の象徴オベリスクは1本を残して海外に流出し,ローマ,ニューヨーク,ロンドンの広場を飾っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘリオポリス
Heliopolis
ドイツの作家 E.ユンガーの未来小説。 1949年刊。災禍から残った都市ヘリオポリスは,空のかなたの世界統治者によって支配されている。反政府活動と戦う主人公ルーチウスは,狂気犠牲となった「パルゼン人」を救ったため味方不評を買うが,世界統治者に是認され天にのぼる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘリオポリス
オン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘリオポリス
バールベック」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘリオポリス
へりおぽりす
Heliopolis

古代エジプトの都市。カイロの東北郊外に位置する。名称は「太陽の都」を意味し、古代エジプトの太陽信仰(アトンおよびラー)の中心地であった歴史を物語っている。ここに太陽信仰の神殿ができ祭司団が形成されたのは、第一王朝時代にさかのぼる。第二王朝で王名に作用するほど発達し、第三王朝で祭司団長イムホテプが、ジョセル王の宰相となってピラミッドを建造したときから、古代エジプト全史を通じてエジプト王権と直結する信仰体系となり、第五王朝で「ピラミッド・テキスト」の骨格となった。第12王朝のセンウスレト1世は、ここに大神殿とオベリスクを建てた。オベリスクの1本はいまも立っている。プトレマイオス朝時代に、ギリシアの学者はここで学問を修めた。ローマ支配時代以降衰えていった。

[酒井傳六]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘリオポリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘリオポリスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation