@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘリングの色覚説【ヘリングのしきかくせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘリングの色覚説
ヘリングのしきかくせつ
Hering's theory of colour vision
1878年にエバルト・ヘリングによって提出されたの知覚機構理論。対比残像などの現象をもとにして,網膜に 3種の対をなす視物質があると仮定し,これらの光に対する生化学的な反応に基づいて色覚が成立するとみなす。3種の視物質は白-黒物質,黄-青物質,および赤-緑物質と名づけられ,それぞれ異化によって白,黄および赤の感覚を生じ,同化によってそれぞれ黒,青および緑の感覚を生じると考えられた(→反対色)。以上のようなことから,この説は反対色説とも呼ばれ,また,赤,黄,緑,青を四つの基本色と想定するので,四色説とも呼ばれる。(→三色説色覚説

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘリングの色覚説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘリングの色覚説の関連情報

関連キーワード

チャイコフスキーおもなお雇い外国人エジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)エアトン残存主権自由民権メンデンホール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation