@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘルツの実験【ヘルツのじっけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘルツの実験
ヘルツのじっけん
Hertz's experiment
電磁波の存在を初めて実証した実験で,1888年 H.R.ヘルツにより行われた。誘導コイルの二次側に火花間隙による放電を利用した直線振動子の発振器を接続し,ここから放射される電磁波を,小間隙をもった金属の輪の共振器で受ける。輪の向きを適当にすると間隙に火花が生じることから電磁波の存在を確かめた。ヘルツはさらに金属製の放物面鏡を組合せて,電磁波の直進反射屈折干渉,かたよりなどの実験を行い,電磁波が光とまったく同じ性質をもっていることを確かめた。これらの実験は J.C.マクスウェルの電磁波の実在についての理論ならびに光の電磁波説に,確かな根拠を与えたものとして有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

ヘルツの実験【Hertz experiment】
電磁波の存在をはじめて証明した実験である.二つの金属双球を小さな間隙を隔てて設置し,誘導コイルにつないで高電圧を加する.火花放電が生じるが,そのとき近傍に同じように小間隙をもつ適当な大きさの針金でつくた輪(コイル)をおくと,このコイルにも電流が流れる現象

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へるつのじっけん【ヘルツの実験】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘルツの実験
へるつのじっけん
Hertz's experiment
1886年から約3年間にドイツの物理学者H・R・ヘルツが電磁波の存在を確認し、その性質を明らかにした実験。マクスウェルの電磁理論では、電気・磁気的力はその媒質と想定されたエーテル中を時間をかけて伝わるので、これを確証するには、電磁気的乱れをつくり、それが空間中をどう広がるかを調べる必要がある。ヘルツは図Aのような装置(ヘルツ発振器)をつくった(亜鉛球は蓄電器の役をする。D、D'は金属棒先の小金属球)。スイッチを断続的に入れて切ることにより両極D、D'に高圧を加え、この火花間隙(かんげき)に火花を飛ばすと、絶縁されすこし離れて置かれたヘルツ共振器(図B、簡単なLC回路)の小球間に電圧が生じ、ついにはその間隙に火花放電が生じ、電波が到達したことが検知される。この実験でエーテルの存在が確証されたと当時は考えられたが、この実験を基に遠隔作用論が否定され、電磁場概念の確立を含む古典電磁理論の完成へ向かうことになった。さらにヘルツは、電磁波の直進、定常波の形成、反射、屈折、偏り、速さを調べて、光の性質との一致を確認した。たとえば、金属筒状の放物面鏡の焦点線(図Cの点Aを通る直線)上に発振器の火花間隙を置き、このとき生じた電波の散逸が防がれることを示し、また図Cからわかるように反射の法則を確認した。こうして自分の調べた「電気力の放射線」を、非常に波長の長い光線とよんでよいと結論した。[藤井寛治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルツの実験」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘルツの実験の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation