@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘルペス感染症【へるぺすかんせんしょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘルペス感染症
へるぺすかんせんしょう
単純疱疹(ほうしん)(ヘルペス)ウイルスによる感染症で、多彩な臨床型を呈する。単純ヘルペスウイルスには型と型があり、口唇疱疹など上半身の病変は主として型、陰部疱疹など下半身の病変は主として型によることが多い。このほか、熱性疱疹、疱疹性湿疹、疱疹性歯肉口内炎(アフタ性口内炎)、疱疹性角膜炎、疱疹性陰門腟(ちつ)炎、疱疹性脳炎など、皮膚粘膜ばかりでなく中枢神経系や内臓器官の病変もみられる全身感染症であり、広義の単純性疱疹に相当する。
 単純ヘルペスウイルスの初感染は通常乳幼児期におこり、ほとんどが不顕性感染で、典型的な持続性潜伏感染の状態で経過し、なんらかの刺激によって活性化され、再発性病変を引き起こす。初感染での発症は約10%にみられ、歯肉口内炎や流行性角結膜炎のほか、ときには髄膜脳炎がみられる。とくに新生児の感染は、致命率の高い汎発(はんぱつ)性疱疹をおこしやすい。[柳下徳雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルペス感染症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘルペス感染症の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation