@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘルメス思想【ヘルメスしそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘルメス思想
ヘルメスしそう
1~3世紀にギリシア文化圏において成立した『ヘルメスの書』のなかに見られる思想。新プラトン主義の影響が色濃く,またキリスト教,ユダヤ教,イスラム教の神秘思想も反映している。このヘルメス思想は,イスラム圏内ではシリアアラブの文学を通じて伝播し,西欧では 1463年に完成したフィチーノのマルシリウスの手によるラテン語訳によって広まっていった。以降この考え方は,イタリアのプラトン学派やパラケルススだけでなく,レンブラントシェークスピア,さらにはコペルニクスケプラー,ニュートンなどといった人々にも強い影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヘルメスしそう【ヘルメス思想 Hermeticism】
ヘルメス・トリスメギストスと呼ばれるヘルメスとトートの習合神の教えと信じられた西洋の思想的伝統で,紀元前後ころ多分エジプトで成立したと考えられる。秘教として受け継がれ,ヨーロッパおよびイスラム圏で占星術および錬金術の哲学として研究され,後者ではシーア派イスラム神学と結びついて展開した。とくにルネサンス時代にイタリアで《コルプス・ヘルメティクム》が翻訳刊行されて人々に大きな影響を与え,中でもコペルニクス,W.ギルバート,ケプラーなど近代科学の創始者たちに信奉されて近代科学成立の一つの契機となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ヘルメス思想」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘルメス思想の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation