@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘロット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘロット
heilōtes; helots
ギリシア語ではヘイロタイ。古代ギリシア,スパルタにおける奴隷身分の者をさす言葉。おそらくはラコニアの被征服先住民から成っており,のちにはメッセニア人も征服されてこの身分におとしめられた。彼らは国家共同体の農業奴隷として市民間に割当てられ,主人の土地を耕して一定の年貢を納めた。戦時には主人につき従って,軽装兵や船の漕手として働かされ,参政権は一切なく,恐怖支配のもとにおかれていた。スパルタ人は,数のうえで圧倒的に優勢な彼らの反乱の危険に常にさらされ,彼らの統治掌握に苦慮し,毎年エフォロスにつく際,ヘロットに戦争を宣した。メッセニアでは前 369年にテーベが,ラコニアではナビス王が彼らを解放した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヘロット
〘名〙 (Helot) 古代ギリシアの都市国家スパルタの奴隷身分の農民。スパルタ人に征服された先住ギリシア人の子孫。スパルタ人の世襲地を耕し、生産物の一部を納めた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ヘロット
helots
古代ギリシアのスパルタの国有奴隷。ギリシア語ではヘイロータイ(heilotai)
スパルタ人に征服された先住のギリシア人で,スパルタ市民のクレーロス(所有地)の耕作従事。スパルタ社会はヘロットらの服従の上に成立したもので,少数のスパルティアタイが多数のへロットを支配するために軍国主義を採用した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヘロット(helot)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヘロット
へろっと

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘロット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘロットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation