@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヘンリー8世【ヘンリーはっせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヘンリー8世
ヘンリーはっせい
Henry VIII
[生]1491.6.28. グリニッジ
[没]1547.1.28. ロンドン
イギリス,チューダー朝第2代のイングランド王(在位 1509~47)。ヘンリー7世の二男。兄アーサーの死により,1509年即位,兄の妃であったカサリンと結婚。治世の初期はトマス・ウルジーを重用し,その献策で大陸の複雑な国際関係に介入,均衡策でイングランドの利を求めた。王妃カサリンとの間には長女メアリー(のちのメアリー1世)のほか 5人の子をもうけたが,王子が生まれなかったことから,女官アン・ブリン(1533年のちのエリザベス1世を出産,男子には恵まれなかった)との結婚を望んだが,ときの教皇クレメンス7世の同意を得られなかった。そこで 1534年までに,教皇に上納していた聖職就任後初年度の収入を,以後イングランド国王に納め,国教のために使用する初年度収入税法,ローマ教皇庁に対する上訴を禁止する上告禁止法,国王至上法を発してイギリス国教会アングリカン・チャーチ)を樹立。1536年には全国の小修道院を解散させ,教会が所有していた莫大な不動産を王室に移管し(→修道院解散),ローマ教皇庁から分離させ宗教改革を断行した。さらに北部大諸侯を牽制する北部裁判所の設立,アイルランド支配の強化,スコットランド,フランスとの戦争など,王権の拡張に努めた。6人の王妃のうち 2人(アン・ブリンカサリン・ハワード)を処刑し,ウルジー,トマス・モア,トマス・クロムウェルらの重臣を処刑ないしそれに近いかたちで死にいたらせるなど,残酷な面もあったが,国民には概して好評であった。1536年ジェーン・シーモアと結婚,男子(のちのエドワード6世)をもうけた。(→イギリス史

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ヘンリー8世
生年月日:1491年6月28日
チューダー朝第2代のイングランド王(在位1509〜47)
1547年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘンリー8世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヘンリー8世の関連情報

関連キーワード

ラーマティボディ[2世]足利政知足利義視飛鳥井雅親イグナティウスデロヨラションガウアーヘクラヘンリー堀越公方足利義澄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation