@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベイルート史【ベイルートし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベイルート史
ベイルートし
History of Beirut
レバノン共和国の首都ベイルートの歴史は古く,前 14世紀のアマルナ文書に初めて現れている。フェニキア人の都市として繁栄。のちにセレウコス朝,ローマ帝国,ビザンチン帝国の支配下でも繁栄を続けていたが,551年に大地震で破壊された。 635年からアラブ人の勢力下に入れられ,1110年にはボードーワン1世の率いる十字軍が町を占領し,51年エジプト船団の略奪を受けたのをはじめ,87年サラディンに占拠されるまで絶え間なく戦乱が続いた。 13~16世紀にはマムルーク朝の支配下で衰退したが,オスマン帝国の宗主権下で回復した。 18世紀後半ロシアの攻撃を受けて再び衰退し,19世紀初めエジプトの太守ムハンマド・アリーに占領され,1841年のイギリス,トルコオーストリアの攻撃でこの占領は終結したが,町は廃虚と化した。 1912年トルコと開戦したイタリアは海上から町を襲撃。 18年には連合軍が入城した。第2次世界大戦初期からイギリス,フランスの支配下におかれたが,41年レバノン共和国の独立に伴い首都となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベイルート史」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベイルート史の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation