@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベジャール一家【ベジャールいっか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベジャール一家
ベジャールいっか
Béjart family
17世紀フランスで活躍した俳優の兄弟姉妹。
(1) ジョゼフ Joseph   1616/1617. パリ~1659.5.21. パリ 
1643年妹マドレーヌとともに,モリエールを迎えて盛名劇団を結成,南フランスを巡業,『粗忽者』『恋の遺恨』などを演じた。
(2) マドレーヌ (→ベジャール )
(3) ジュヌビエーブ Geneviève   1624.7.2. パリ~1675.7.3. パリ 
芸名は母の名エルベを用いた。盛名劇団以来モリエール一座に属し,『女学者』のベリーズなどを演じた。
(4) ルイ Louis   1630.11? パリ~1678.10.13.  
同じくモリエール一座で『守銭奴』のラ・フレッシュなどを演じた。足が悪かったのでモリエールはラ・フレッシュを足の不自由な役にしている。
(5) アルマンド (→ベジャール )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベジャールいっか【ベジャール一家 Les Béjart】
17世紀フランスの俳優一家。森林監督庁の廷丁を父,下着商の娘を母に,生まれた10人の子どものうち成長した5人全員がモリエール一座に加盟。ジョゼフJoseph(1616‐59)は〈盛名座〉旗揚げに参加,どもりに悩まされた。マドレーヌMadeleine(1618‐72)は最初マレー座などで女優。モデーヌ伯との間に1子をもうけるが1642年ころモリエールと知り合い恋に落ち,彼を芝居の道に引き入れる決定的役割を果たす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ベジャール一家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベジャール一家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation