@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベッサラビア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベッサラビア
Bessarabia
東ヨーロッパの歴史的地域名。ドネストル川プルト川の間に位置する豊かな農業地帯。コムギ,トウモロコシ,テンサイ,タバコ,ブドウなどを産し,ウシの放牧も盛ん。今日,大部分モルドバに,一部分ウクライナに属する。住民の大半はモルドバ人で,その他ウクライナ人,ロシア人,ユダヤ人が居住。中心都市キシニョフ。6世紀頃にスラブ人が来住し,その後も諸民族の往来が盛んで,13世紀にはモンゴルが侵入。14世紀末からモルドバ,ワラキア諸侯の支配を受けた。ベッサラビアの名称は,このときワラキアを支配していたバサラブ朝に由来するといわれる。16世紀以降オスマン帝国の支配を受けたが,18世紀頃からロシアが進出,1812年ブカレスト条約で全域がロシア領となった。1856年パリ条約によって南部地域はモルドバに割譲されたが,1878年ベルリン会議を経て再びロシアに帰属ロシア革命に際して,この地の労働者・農民評議会はモルドバ共和国を宣言,1918年ルーマニア帰属を決定,1920年パリ条約によって承認された。しかしソビエト連邦はあくまで承認を拒否,1940年ベッサラビア返還を強行した。1941年ルーマニアはドイツの支援を得て一時この地を回復したが,1944年ソ連軍が奪回,1947年パリ平和条約でソ連帰属が承認され,モルダビア=ソビエト社会主義共和国となった。1980年代後半のペレストロイカならびに東欧革命のなかで 1990年6月国名をモルダビア共和国として主権宣言,翌 1991年8月国名をモルドバ共和国と改称した。(→ルーマニア史ロシア史

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベッサラビア(Bessarabia)
東ヨーロッパ、黒海に注ぐドニエストル川プルート川との間の地域の旧称トルコ領からロシア領となり、一時ルーマニア領ともなった。現在大部分はモルドバ共和国に属している。バッサラビア。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベッサラビア【Bessarabiya】
現在のモルドバ共和国の地域の旧称。ルーマニア語ではバサラビアBasarabia。ドニエストル川,プルート川と黒海に囲まれた地域で,南部は平坦地で,かつては内陸アジアに連なるステップ地帯に属し,北部には高山はないがカルパチ山脈の支脈が走り丘陵地帯が多い。現在ではロシア化が進んでいるが,20世紀前半までは多数を占めるルーマニア人のほかにさまざまなエスニック集団が共存し,民族学の博物館と呼ばれた。 古代にはスキタイ遊牧民族が支配し,のちダキアの勢力下に置かれたが,ローマ帝国のダキア支配が崩れる3世紀以降はまさしく諸民族の移動・通過地となり,ゴート族,アバール人,ブルガール族,スラブ人などが相次いで来住した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベッサラビア
べっさらびあ
Bessarabia

ヨーロッパ東部、ともに黒海に注ぐドニエストル川とプルート川に挟まれた歴史的地域。面積約4万5000平方キロメートル。ルーマニア語名バサラビアBasarabia。「ベッサラビア」は英語名。モルドバ共和国の大部分を占めるが、歴史的な係争地域で、住民の3分の2弱がルーマニア人(旧ソ連では独自の「モルダビア人」だとしていた)、残りはウクライナ人、ロシア人などである。中心都市キシニョフ。14世紀にルーマニア人が建国したモルダビア公国の一部となったが、16世紀にはモルダビアとともにオスマン・トルコの宗主権下に入った。トルコは1812年のブカレスト条約によってベッサラビアをロシアに割譲。1917年のロシア革命後、同地は混乱に陥ったが、18年4月に同地のルーマニア人の評議会(スファト)は、進攻してきたルーマニア軍を背景にルーマニアとの合併を決議した。ソ連はそれに強く抗議し、39年の独ソ不可侵条約でドイツの了解を得たうえで40年6月に最後通牒(つうちょう)を発し、ルーマニアから同地を奪還。第二次世界大戦時に枢軸側にたったルーマニアが同地を奪ったが、戦争末期にソ連が回復した。1960年代に入って、歴史論争の形でベッサラビアをめぐる両国の抗争が再燃した。

[木戸 蓊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ベッサラビア
(Bjessarabija) ヨーロッパ東部のドニエストル川とプルート川とにはさまれた地方の古称。現在、大部分はモルドバ共和国に、一部はウクライナに属している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ベッサラビア
Bessarabia
ヨーロッパ東部,ドニエストル川とプルート川とにはさまれた,黒海北西岸の丘陵 (きゆうりよう) 地帯の歴史的名称
16世紀以降,オスマン帝国が支配していたが,露土(ロシア−トルコ)戦争の結果,1812年ロシア領となった。1918年,ロシア革命の際,混乱に乗じてルーマニアが占領したが,47年のパリ条約でソ連への帰属が確認された。その大半はソ連のモルダヴィア共和国となっていたが,ソ連の崩壊に伴って1991年に独立を達成し,モルドヴァ共和国となる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベッサラビア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベッサラビアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation