@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベッソン【べっそん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベッソン
べっそん
Luc Besson
(1959― )
フランスの映画監督、プロデューサー。パリ生まれ。1976年、高校を中退し映画監督を目ざす。学校には通わず、パリの映画制作会社ゴーモンやハリウッドのユニバーサル・スタジオで、さまざまな分野のアシスタントの仕事をしながら、映画製作の技術を学ぶ。1978年から短編映画を撮り始め、長編処女作『最後の戦い』(1983)がアボリアッツ国際ファンタスティック映画祭(1973~1993年フランス東南部アボリアッツで開催された、ファンタジー、サイコスリラー系映画の映画祭)で注目される。低予算でつくられたこの映画は、環境の激変で文明が破壊されたのちの近未来の世界を白黒の映像で描き、登場人物たちは大気汚染のため言葉をしゃべれないという設定で台詞(せりふ)をいっさい除くという独創性が話題となり、ベッソンはそれまでフランス映画界の弱点といわれたSFファンタジーのジャンルの希望と目された。やはり近未来の世界を描いた第二作『サブウェイ』(1984)は、ゴーモンの出資とイザベル・アジャーニIsabelle Adjani(1955― )、クリストフ・ランベールChristoph Lambert(1957― )というスターを得、興行的にはヒット、しかし批評家の評価は前作に及ばず、莫大な予算、スターの出演、観客と批評家の評価のへだたりはいずれも、これ以降ベッソン作品に一貫する特徴となる。
 第三作は実在のダイバーの物語『グレート・ブルー』(1988)、エリック・セラEric Serra(1959― )の音楽と深い海の映像のつくり出す新鮮さで熱狂的支持を集め、1980年代の代表的カルト映画となる。その後も、海洋生物のドキュメンタリー『アトランティス』(1991)を例外として、『ニキータ』(1990)、『ニキータ』の脇役の殺し屋を主人公とした『レオン』(1994)、『フィフス・エレメント』(1997)などのアクション映画を次々とヒットさせる。1990年代後半からしだいにプロデューサーとしての活動に重心を移し、『TAXi』(1997、監督ジェラール・クラウジックGrard Krawczyk(1953― ))、『YAMAKASHI ヤマカシ』(2001、監督アリエル・ゼトゥンAriel Zeitoun(1945― ))、『WASABI』(2001、監督クラウジック)など、やはり娯楽色の強い作品を手がけている。また米仏合作の監督作『ジャンヌ・ダルク』(1999)は、興行的には大ヒットに至らないものの、批評家からは一定の評価を受けた歴史スペクタクルである。ベッソンは、現代フランスの、もっとも「ハリウッド的」な監督だといえよう。[芳野まい]

資料 監督作品一覧

最後から2番目の男 L'avant dernier(1981)
最後の戦い Le dernier combat(1983)
サブウェイ Subway(1984)
グレート・ブルー Le grand bleu(1988)
ニキータ Nikita(1990)
アトランティス Atlantis(1991)
グラン・ブルー(「グレート・ブルー」完全版) Le grand bleu : version longue(1992)
レオン Lon(1994)
マリン・ブルーの瞳 Pull Marine(1996)
フィフス・エレメント The Fifth Element(1997)
ジャンヌ・ダルク Joan of Arc(1999)
アンジェラ Angel-A(2005)
アーサーとミニモイの不思議な国 Arthur et les Minimoys(2006)
アーサーと魔王マルタザールの逆襲 Arthur et la vengeance de Maltazard(2009)
アデル ファラオと復活の秘薬 Les aventures extraordinaires d'Adle Blanc-Sec(2010)
アーサーとふたつの世界の決戦 Arthur et la guerre des deux mondes(2010)
The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 The Lady(2011)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベッソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベッソンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation