@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベニスに死す【ベニスにしす】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベニスに死す
ベニスにしす
Der Tod in Venedig
ドイツの小説家トーマスマンの中編小説。 1912年刊。ベニスを訪れた初老作家が,美少年のとりことなってコレラが流行しているこの地にとどまり命を落す。美の魅力にとりつかれた人間の運命を描いた芸術家小説。 71年 L.ビスコンティによって映画化された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベニスにしす【ベニスに死す】
原題、〈ドイツDer Tod in Venedigトマス=マン短編小説。1912年発表。初老の作家が旅先ベニスで出会った美少年に心を奪われ、滞在を引き延ばすうちに客死するまでを描く。自身のイタリア旅行の体験をもとに書かれた。1971年、ビスコンティ監督により映画化。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ベニスに死す
1971年製作のイタリア・フランス合作映画。原題《Morte a Venezia》。トーマス・マンの同名小説の映画化。ルキノ・ビスコンティのドイツ3部作の2作目にあたる。監督:ルキノ・ビスコンティ、出演:ダーク・ボガード、ビョルン・アンドレセン、シルバーナ・マンガーノほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベニスに死す
べにすにしす
Der Tod in Venedig

ドイツの作家トーマス・マンの短編小説。1912年発表。作者のイタリア旅行の体験を骨子とした作品。主人公の作家グスタフ・フォン・アシェンバハは、ベニス(ベネチア)沖のリド島滞在をポーランド人美少年に対する慕情のため引き延ばすうちに急死する。作家としての存在形式を自己克服によって築いた主人公が内面の空洞化とともに破滅する一種のデカダンス現象を描いたもので、主人公は、芸術家の姿をとったトーマス・ブデンブローク(『ブデンブローク家の人々』の3代目)といえる。物語全体は神話的象徴性を備え、ポーランド人美少年は冥界(めいかい)への案内者ヘルメスの化身である。また主人公は、作曲家マーラーの風貌(ふうぼう)を備えている。なお、1971年にイタリアのルキーノ・ビスコンティ監督により映画化された。

[森川俊夫]

映画

1971年製作のイタリア・フランス合作映画。原題はMorte a Venezia。トーマス・マンの同名小説に基づき、ルキーノ・ビスコンティが監督した。ベネチアを訪れた老芸術家アッシェンバッハ(ダーク・ボガードDirk Bogarde、1921―1999)が同宿の少年タッジオ(ビョルン・アンドレセンBjorn Andresen、1955― )に心ひかれ、ペストが猖獗(しょうけつ)を極める古都で落命するまでを描く。原作では小説家だった主人公が音楽家へと変更され、グスタフ・マーラーの交響曲第5番の官能的なメロディーが印象的に使用された。日本ではビスコンティの性的志向が反映された少年愛の作品として受け止められ、少女漫画などへの影響も大きかったが、生活と芸術を対比させながら、老人が追い求めつつ獲得することのかなわなかった家族と美の象徴が、タッジオ少年に投影されていることも見逃せない。

[西村安弘]

『高橋義孝訳『トニオ・クレーゲル、ヴェニスに死す』(新潮文庫)』『実吉捷郎訳『ヴェニスに死す』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベニスに死す」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベニスに死すの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation