@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベネシュ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベネシュ
Beneš, Edvard
[生]1884.5.28. オーストリア=ハンガリー帝国,コズラニ
[没]1948.9.3. チェコスロバキア,セジモボウスティー
チェコスロバキア(→チェコ)の政治家。大統領(在任 1935~38,1945~48),首相(在任 1921~22)。農家の生まれ。プラハ,フランスのパリやディジョンの各大学で学び,1908年に法学博士号を取得。1909年プラハ商業専門学校の経済学教授,1913年チェコ大学の教授に就任。オーストリア=ハンガリー帝国からの独立を主張したため,第1次世界大戦勃発に際しトマーシュ・ガリク・マサリクとともにスイスに亡命,1916年パリでチェコスロバキア民族議会を結成し,書記長に就任した。1918年オーストリア=ハンガリー帝国が崩壊,チェコスロバキア共和国独立後,1918~35年外務大臣を務め,1921~22年首相を兼任した。1935年マサリクの跡を継いで大統領に就任したが,1938年ナチス・ドイツの圧力に屈してズデーテン地域を割譲(→ミュンヘン会談)した責任をとり辞職,アメリカ合衆国に亡命した。第2次世界大戦中はフランスとイギリスでナチスに対する抵抗運動を組織。1940年臨時政府の大統領に就任。ソビエト連邦との関係を重視し,1943年モスクワで同盟条約を締結。1945年3月,ソ連軍のスロバキア進駐に伴って帰国。引き続き大統領の職にあったが,1948年クレメント・ゴットワルトを首班とする親ソ連政権の新憲法承認を拒否,大統領職を辞した。(→チェコスロバキア史

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベネシュ(Edvard Beneš)
[1884~1948]チェコスロバキアの政治家。第一次大戦中、国外で独立運動を指導し、独立後、外相・首相、1935年から大統領。1938年のミュンヘン会談後、英国へ亡命。1945年、再び大統領となるが、1948年のチェコ革命により辞任

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベネシュ【Edvard Beneš】
1884‐1948
チェコスロバキアの政治家。ボヘミア農村の生れ。ヨーロッパ各地で学び,法律学と哲学を修め,1909年にプラハの商科大学教授となった。第1次世界大戦が始まると,マサリクらの独立運動に身を投じ,15年には西欧に亡命し,連合国との交渉にあたった。18年のチェコスロバキア独立とともに外相に就任した。国際連盟の場で,小国の利益を代弁し,連盟の強化を唱えると同時に,パリ平和条約で生み出されたいわゆるベルサイユ体制の維持を目的として,ユーゴスラビアルーマニアとの間に小協商と呼ばれる同盟をも結び,さらに列強の中ではフランスとの関係を重視した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベネシュ
べねしゅ
Edvard Benesš
(1884―1948)

旧チェコスロバキアの政治家。ボヘミアの農民の出。プラハとパリで学び、1909年からプラハの経済アカデミーで教鞭(きょうべん)をとる。第一次世界大戦中はマサリクらとともに国外での独立運動の指導者となった。独立後、外相(1918~35)、首相(1921~22)となり、35年から大統領。この間、一貫して当時のチェコスロバキア外交を指導した。西欧列強、とくにフランスとの関係を重視し、東欧ではユーゴスラビア王国、ルーマニアとの間に小協商を結成し、さらにソ連との関係改善にも努力した。また国際連盟でも小国の利益の代弁者として活躍。38年のミュンヘン会議のあと、ロンドンに亡命。45年の解放と同時に帰国し、ふたたび大統領となったが、48年2月の共産党による革命ののちに辞任。同年9月、失意のうちに世を去った。

[林 忠行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ベネシュ
(Edvard Beneš エドバルト━) チェコスロバキアの政治家。第一次大戦中独立運動を展開、独立後一九三五年大統領。ミュンヘン協定成立後イギリスに亡命し、第二次大戦後四六年再び大統領に就任、四八年政変で辞職。(一八八四‐一九四八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ベネシュ
Eduard Benes
1884〜1948
チェコスロヴァキアの政治家
第一次世界大戦中,マサリクらと独立運動で活躍。独立後外相・首相となり,1935年より大統領。ヴェルサイユ体制維持の外交を展開し,小協商を形成。ミュンヘン会談後イギリスに亡命。1946年に再び大統領になったが,人民民主主義勢力と対立し,48年辞職。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベネシュ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベネシュの関連情報

関連キーワード

清仏戦争自由民権スーラ秩父事件ブルックナートルーマンウィリアムズクロイツァー洪英植ブリスク

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation