@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベネディクツス11世【ベネディクツスじゅういっせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベネディクツス11世
ベネディクツスじゅういっせい
Benedictus XI
[生]1240. トレビゾ
[没]1304.7.7. ペルジャ
トレビゾ出身の第194代教皇在位 1303~04)。福者。本名 Niccolò Boccasini。1254年にドミニコ会に入り,1296年にドミニコ会総長となった。1298年,枢機卿(→カーディナル)となり,1302年に教皇大使としてハンガリーに派遣された。1303年9月に起こったアナーニ事件の際,教皇ボニファチウス8世(在位 1294~1303)を支持した 2人の枢機卿のうちの一人が,ベネディクツス11世だった。1303年10月に教皇に選出され,前教皇ボニファチウス8世の敵との和解に尽力した。報復は望まなかったが,教皇襲撃を指揮したスキアラ・コロンナと,フランス王フィリップ4世(在位 1285~1314)の主任顧問ギヨーム・ド・ノガレの 2人は許さなかった。ペルジャで急死し,当時は毒殺されたと考えられた。祝日は 7月7日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベネディクツス11世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベネディクツス11世の関連情報

関連キーワード

ガーザーン・ハーン合賛汗イブン・バットゥータイル・ハン国ガーザーン・ハン(合賛汗)ダンテガザン‐ハンストラスブール大聖堂仁治藤原秀能

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation