@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベネディクツス16世【ベネディクツスじゅうろくせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベネディクツス16世
ベネディクツスじゅうろくせい
Benedictus XVI
[生]1927.4.16. マルクトル・アム・イン
教皇(在位 2005~13)。本名 Joseph Alois Ratzinger。ドイツのバイエルン州出身。父は警察官,兄と姉の三兄弟。第2次世界大戦中,14歳でヒトラー・ユーゲントに入り,対空防衛補助活動に動員された。戦後,兄弟で神学校に入り,1951年司祭に叙階された。ミュンヘン大学,フライジング大学で哲学と神学を学び,1953年神学博士号を,1957年に大学教授資格を取得してフライジング大学に迎えられた。1959年以降ボン大学,ミュンスター大学,テュービンゲン大学,レーゲンスブルク大学で教壇に立ち,神学者として名声を博した。第2回バチカン公会議(1962~65)では進歩的で改革的な神学顧問として活躍したが,のちに保守派に転じた。1977年ミュンヘン,フライジングの大司教に任命され,枢機卿(カーディナル)に。1981~2005年教皇庁教理省長官,1998年枢機卿団の首席枢機卿代理,2002年首席枢機卿。教皇の側近として教皇庁内で大きな影響力をもった。ヨハネス・パウルス2世の死去に伴うコンクラーベで,2005年4月19日第265代教皇に選出された。ドイツ人教皇は 948年ぶり。ヨハネス・パウルス2世と同様,カトリックの伝統的な思想を擁護する立場をとるが,他宗派,異宗教との対話には柔軟な姿勢を示した。2013年2月健康上の理由で退位を表明,後任には 3月フランシスコが選出された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベネディクツス16世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベネディクツス16世の関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation