@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベネト州【ベネト】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベネト〔州〕
ベネト
Veneto
別称ベネチアエウガネア Venezia Euganea。イタリア北東部の州都ベネチア。アドリア海にのぞみ,ポー川下流左岸の平野を占め,北はアルプスの一部を含み,オーストリア国境に及ぶ。前2世紀にローマの植民地となり,10世紀以後自由都市が発達したが,15世紀にはベネチア共和国にほぼ統一され,16世紀初頭全盛期を迎えた。 18世紀末オーストリアに支配され,1866年イタリア王国に帰属。肥沃な農業地帯で,トウモロコシコムギブドウのほか各種の果実を産し,酪農も行われ,海岸の港を中心に近代工業が発達している。おもな都市はベネチア,ベロナ,パドバビチェンツァ,キオッジャ,トレビゾ。面積1万 8364km2。人口 445万 2667 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベネト(Veneto)
イタリア北東部の州。ポー川などの下流域の穀倉地帯で、アドリア海の臨海部は広大なラグーナ)が広がる。州都はベネチア。トレビーゾ県・パドバ県・ビチェンツァ県・ベッルーノ県・ベネチア県・ベローナ県・ロビーゴ県がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベネト州」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベネト州の関連情報

関連キーワード

ベネチア宮殿ベネチア広場ベネチアへ贈り物を捧げるユノーベニスに死すベネチアへ贈り物を捧げるユノーベネト[州]サンマルコ大聖堂サンマルコ広場ベネチアのドゥカーレ宮リアルト橋

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation