@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベヒスタン

デジタル大辞泉

ベヒスタン(Behistūn)
イラン西部、ザグロス山脈中部の小村ケルマーンシャー東方にある。アケメネス朝ペルシアのダレイオウス1世時代の浮き彫りと碑文の刻まれた岩山があり、楔形(くさびがた)文字解読のもとになった。2006年、碑文を含む磨崖(まがい)全体が世界遺産(文化遺産)に登録された。ビーソトゥーンビストゥンビヒストゥンベヒストゥン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べひすたん【ベヒスタン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベヒスタン
べひすたん
Behistan

イランのケルマーンシャー東方約30キロメートルにある村。ビストゥンBīstūnともビヒストゥンBihistūnともいう。古代のバグダードとラゲスを結ぶ街道上にあり、近くにベヒスタンの碑文が刻まれた岩山がある。ベヒスタンという名はアラブの地誌家ヤークートの記録したバヒストゥーンに基づくもので、1837年碑文を解読したイギリスのH・ローリンソン以来ヨーロッパで使われている。近世ペルシア語の呼称ビーソトゥーンBīsotūnはバヒストゥーンの縮約形で「巨大な岩柱のある」とか「柱のない」と俗解されているが、古代ペルシア語のバガスターナ「神祭の場」、ギリシア語写音バギスタノスに由来すると考えられる。岩山の絶壁には古代ペルシア語、エラム語、バビロニア語によるダリウス1世の戦勝碑文がある。頂上には先史時代の洞穴があり、麓(ふもと)には泉があるため、この大岩塊が神祭の場とされたらしい。祭神はアフラ・マズダーあるいは戦神ミトラ(ミスラ)であったと考えられる。12世紀の詩人ニザーミーの『ホスローとシーリーン』の舞台にもなった。

[井本英一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ベヒスタン
(Behistun) イラン西部ケルマンシャーの東方にある村。岩山の絶壁にアケメネス朝ペルシアのダレイオス一世の事蹟を記した碑文(ベヒスタン碑文)がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベヒスタン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベヒスタンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation