@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベリサリウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベリサリウス
Belisarius; Belisarios
[生]505頃.ゲルマニアイリュリクム
[没]565.3.
ビザンチンの軍人。ギリシア名ベリサリオス。皇帝ユスチニアヌス1世時代の名将軍東部戦線でササン朝ペルシア軍をダラで破り (530) ,首都コンスタンチノープルでニカの乱鎮圧 (532) ,一躍その名を高め,皇帝より厚い信頼を受けた。次いで帝国の復興の旗印のもとにアフリカのバンダル王ゲリメルを破り,北アフリカを帝国領とした (534) 。さらに転戦しイタリアの東ゴート王ビチギスを5年間にわたる戦闘で破り (540) ,552年の決定的勝利の道を開いた。しかしその後皇帝の不興を買い,その地位ナルセス将軍に譲った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベリサリウス(Belisarius)
[500ころ~565]東ローマ帝国の将軍。ユスティニアヌス1世に仕え、対ペルシア戦争やアフリカのバンダル征服、また、東ゴート征服に活躍ベリサリオス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベリサリウス
べりさりうす

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベリサリウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベリサリウスの関連情報

関連キーワード

相殺ラウレンチウス相殺沼津大空襲日赤の救護班宇文泰曽参アルタイ文化国際実用温度目盛相殺

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation