@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベルグソン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベルグソン
Bergson, Henri Louis
[生]1859.10.18. パリ
[没]1941.1.4. パリ
フランスの哲学者。各地のリセで教えたのち,1900年コレージュ・ド・フランス教授。第1次世界大戦中外交使節としてスペインとアメリカを訪問。 14年アカデミー・フランセーズに入会。国際連盟の知的協力委員会の議長もつとめ,27年のノーベル文学賞を得た。本来の時間は空間化されたものではなく持続であるという直観から出発し,独特の進化論的な生の哲学を打立てた。プルーストにも影響を与え,20世紀前半のフランスの知的世界の中心人物となった。主著『意識の直接所与についての試論』『物質と記憶』『創造的進化』『道徳と宗教の二源泉』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベルグソン[書名]
中沢臨川によるフランス哲学ベルクソン評伝。大正3年(1914)刊行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベルグソン【Henri Bergson】
1859‐1941
フランスの哲学者。正しくはベルクソン。幼少より秀才の誉れ高く,エコール・ノルマル・シュペリウールでは後の政治家ジョレスと首席を争う。卒業後,地方校教授を経て,1889年学位取得。1900年よりコレージュ・ド・フランス教授。タルド後任として現代哲学を担当し,その名講義により一世を風靡(ふうび)する。第1次大戦ころより公的活動多く,道徳・政治科学アカデミー議長,アカデミー・フランセーズ会員,スペイン特派使節などを歴任

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

ベルグソン
Henri Bergson
1859〜1941
フランスのユダヤ系哲学者
主著『創造的進化』(1907),『道徳と宗教の二源泉』(1932)などで,生命の創造的進化を唱え,物質世界に対する精神世界独自性強調,生命の直観的認識がの実在に至るとして,「生の哲学」を樹立し,思想界に大きな影響を与えた。1922年ノーベル文学賞を受賞

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルグソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベルグソンの関連情報

関連キーワード

ビラフランカの和議余計者光の科学史インド大反乱川本幸民岡田普理衛ゼーバッハデカルソンデントンヘットナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation