@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベルトルッチ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベルトルッチ
Bertolucci, Attilio
[生]1911. パルマ
[没]2000.6.14. ローマ
イタリアの詩人。『イタリア・レッテラーリア』『チルコリ』などの文芸誌に拠って作品を発表。伝統的手法を改変しつつ,内省的かつ繊細なを書き継いだ。主著『11月の火』 Fuochi in novembre (1934) ,『冬の旅』 Viaggio d'inverno (71) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルトルッチ
Bertolucci, Bernardo
[生]1940.3.16. パルマ
[没]2018.11.26. ローマ
イタリアの映画監督。詩人のアッティリオ・ベルトルッチを父にもつ。ローマ大学を中退して映画の道に進む。ピエル・パオロ・パゾリーニ原案の『殺し』La commare secca(1962)でデビュー。2作目『革命前夜』Prima della rivoluzione(1964)がカンヌ国際映画祭で注目を集める。続く『暗殺のオペラ』La strategia del ragno(1969),アルベルト・モラビアの小説を映画化した『暗殺の森』Il conformista(1970)と,ファシズムを題材にした作品を発表。中年男性と若い女性の関係を描いた『ラストタンゴ・イン・パリ』Ultimo tango a Parigi(1972)でアカデミー賞監督賞にノミネートされたが,同時に過激な性描写で物議をかもした。その後,イタリアの現代史を描いた 5時間をこえる大作『1900年』Novecento(1976)を発表。イギリス・イタリア・中国合作の『ラストエンペラー』The Last Emperor(1987)では,中国,清朝最後の皇帝となった愛新覚羅溥儀の生涯を描き,アカデミー賞でノミネートされた作品賞・監督賞を含む 9部門をすべて獲得。ほかにポール・ボールズの小説を元にした『シェルタリング・スカイ』The Sheltering Sky(1990),『ドリーマーズ』The Dreamers(2003),『孤独な天使たち』Io e te(2012)などがある。(→イタリア映画

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ベルトルッチ【Bernardo Bertolucci】
1941~  イタリアの映画監督。パゾリーニに師事、譲り受けた「殺し」のシナリオの映画化で監督になる。「暗殺の森」「ラストタンゴインパリ」「ラストエンペラー」など、斬新な映像感覚と鋭い問題意識で高い評価を得る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベルトルッチ
べるとるっち
Bernardo Bertolucci
(1941―2018)
イタリアの映画監督。詩人で批評家のアッティリオ・ベルトルッチAttilio Bertolucci(1911―2000)を父にパルマに生まれる。幼いころから詩作と映画に熱中し、ローマ大学在学中に尊敬するパゾリーニ監督と知り合い、映画製作に協力、パゾリーニの脚本による『殺し』(1962)でデビュー。次作『革命前夜』(1964)によって新しい映画言語の旗手として注目を浴びた。以後、『暗殺のオペラ』(1970)、『暗殺の森』(1970)、『ラストタンゴ・イン・パリ』(1972)と問題作を発表、現代イタリア映画を代表する監督となり、『1900年』(1976)、『ルナ』(1979)を撮った。その後、オリエンタル三部作といわれる『ラストエンペラー』(1987)、『シェルタリング・スカイ』(1990)、『リトル・ブッダ』(1993)を発表して名実ともに世界の巨匠となり、さらに『魅せられて』(1996)と活躍した。[村山匡一郎]

資料 監督作品一覧

殺し La commare secca(1962)
革命前夜 Prima della rivoluzione(1964)
ベルトルッチの分身 Partner.(1968)
愛と怒り Amore e rabbia - Agonia(1969)
暗殺の森 Il conformista(1970)
暗殺のオペラ Strategia del ragno(1970)
ラストタンゴ・イン・パリ Ultimo tango a Parigi(1972)
1900年 1900(1976)
ルナ La luna(1979)
ある愚か者の悲劇 La tragedia di un uomo ridicolo(1981)
ラストエンペラー The Last Emperor(1987)
シェルタリング・スカイ The Sheltering Sky(1990)
リトル・ブッダ Little Buddha(1993)
魅せられて Stealing Beauty(1996)
シャンドライの恋 Besieged(1998)
10ミニッツ・オールダー イデアの森~「水の寓話」 Ten Minutes Older : The Cello - Histoire d'eaux(2002)
ドリーマーズ The Dreamers(2003)
孤独な天使たち Io e te(2012)
『柳澤一博責任編集『シネアルバム123 ベルナルド・ベルトルッチ頌』(1988・芳賀書店) ▽ベルナルド・ベルトルッチ著、竹山博英訳『ベルトルッチ、クライマックス・シーン』(1989・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルトルッチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベルトルッチの関連情報

関連キーワード

牧野省三星図自動車電話よしもとばなな山梨(県)2000年問題プーチン奈良美智シャキール オニール桂太郎内閣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation