@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベルトレ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベルトレ
Berthollet, Claude-Louis, Comte
[生]1749.12.9. タロアール
[没]1822.11.6. セーヌ,アルクイユ
フランスの化学者。イタリアのトリノ大学で医学を学び,パリでオルレアン公の侍医になる。フランス革命期およびナポレオン時代に,科学政策の指導者として多方面に活躍。特に国立研究所の再建 (1795) ,ナポレオンのエジプト遠征 (98) に参加し,そこで科学研究機関の設立に尽力したことは有名。早くから A.ラボアジエの燃焼理論を支持し,共同研究者として化学命名法の改良に協力した。一方ラボアジエの酸が酸素から成るという理論や,J.プルースト定比例の法則に反対を唱えるなど独自の立場を貫いた。アンモニア組成の発見 (85) ,塩素漂白の発見 (89) ,火薬の研究,鉄の製錬法,製鋼など,広範な化学研究を行なった。またアルクイユの自宅,実験室を開放し,多くの有能な青年科学者の指導にあたり,19世紀初期のフランス科学界に多大の影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベルトレ【Claude Louis Berthollet】
1748‐1822
フランスの化学者。オルレアン公の援護のもとに初めは医者であったが,1780年にアカデミー・デ・シアンスの化学の会員となった。真っ先にA.L.ラボアジエの酸素説を支持し(1785),化学命名法の確立にも協力した(1787)。また,アンモニアが窒素と水素のみから成ることや(1785),青酸は窒素,炭素,水素から成ることなどを突きとめた(1787)。84年からゴブラン工場染色部門の取引主監となり,染色技術の研究も行うかたわら,塩素水溶液の漂白作用を認め,これによる布の漂白方法を研究した(1785‐1804)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベルトレ
べるとれ
Claude Louis Berthollet
(1748―1822)

フランスの化学者。イタリアに近いサボアの移住者の家の出。トリノ大学で医学を(1768年、医学博士)、パリのマケールらに化学を学ぶ。科学アカデミー会員(1780)、学士院会員(1795)、国立ゴブラン製造所長官および染色工場監察官(1784)、理工科大学校(エコール・ポリテクニク)の設立(1794)、ナポレオンのエジプト遠征に随伴した際のエジプト学士院の創設など、政治的変動期において科学界の重鎮として活躍した。1804年には伯爵および元老院議員。1807年からはパリ郊外のアルクイユに設立した学会で後進を育てる。

 ラボアジエらと『化学命名法』(1787)を著すが、青酸は酸素を含まないことをみいだし、酸はかならずしも酸素に基づかないことを示した(1787)。アンモニア(1785)やメタン(1786)の組成も明らかにした。塩素から製した塩素酸カリウムによる火薬製造や塩素水による布漂白(1785)などの技術的研究もある。後者はC・テナントの漂白粉へと発展し、産業革命の推進に大いに力あった。『染色法原理』(1791)では染色機構を化学的に考察した。『化学静力学論考』(1803)は質量作用の法則を予見した歴史に残る書である。エジプト滞在中、塩湖におけるナトロン(炭酸ナトリウム)採取を観察し、通常は反応しない食塩と石灰が後者の多量の存在と高温とによって複分解すると考えた。親和力は量、溶解度、温度などの物理的条件の影響を受け、化学反応の方向が変化するとした。しかし、物質の結合割合は条件によって連続的に変わりうるとまで一般化したので、定比例の法則を提唱したプルーストの批判を受け、化学平衡にかかわる萌芽(ほうが)はつぶされてしまった。ガラスのような不定比組成の化合物の存在はのちに認められ、ベルトライドと命名された。

[肱岡義人]

『カロヤン・マノロフ著、早川光雄訳『化学をつくった人びと』(1979・東京図書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ベルトレ
(Comte de Claude Louis Berthollet コント=ド=クロード=ルイ━) フランスの化学者。塩素の漂白性を発見。化学親和力を研究、可逆反応、平衡状態などを発見した。主著「染色法原理」「化学静力学論考」。(一七四八‐一八二二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ベルトレ
ベルトレ
Berthollet, Claude Louis

フランスの化学者.1768年トリノ大学で医者の資格を得たが,4年後にはパリに出て化学を学んだ.医学の勉強も続け,1778年医学博士号を取得.その2年後には科学アカデミー会員に選ばれ,1784年ゴブラン王立工場染色部門の管理官となった.1785年それまで支持していたフロギストン説を捨て,フランスで最初にA.L. Lavoisier(ラボアジエ)の酸素説支持を表明した.このころ,定性分析によりアンモニアが窒素と水素からなることを示し,ついで青酸が炭素と窒素と水素しか含まないとした.これは,酸素が酸の原因であるとするLavoisierの考えに対する反証となった.産業の面では,当時の手間のかかる布の漂白のために,塩素水溶液を使った漂白方法を考え出した.フランス革命時には,エコール・ポリテクニークの創設に協力し,また高等師範学校(エコール・ノルマル)でも教べんをとった.1798年Napoléonのエジプト遠征に参加した際,ナトロン湖で炭酸ソーダが無尽蔵と思えるほど析出する現象を観察した.これをきっかけに,それまであたためていた親和力の考えを発展させ発表した.それは,親和力はつねに一定であるわけではなく,物理的条件(温度,量,溶解度,圧力,物質の三態)により変化するということである.この考えから,かれはJ.L. Proust(プルースト)が主張した定比例の法則を批判した.今日では,かれにちなんで,不定比化合物をベルトライド(ベルトリド化合物)とよんでいる.のちに,Napoléonはかれに伯爵の位を与え,さらに上院議員に任命した.Napoléonの落後の王政復活後も政治的に失脚することなく,あらたに貴族院議員に任じられた.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルトレ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベルトレの関連情報

関連キーワード

丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)信達一揆吉田藩(三河国)博多あまおう大塚家具県産の野菜アペール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation