@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベルナール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベルナール
Bernard, Claude
[生]1813.7.12. サンジュリアン
[没]1878.2.10. パリ
フランスの生理学者。代謝生理や神経生理に関して数多くの業績を上げたほか,実験生物学の基礎理論を立てたことでも有名。父はブドウ栽培家であったが事業に失敗し,ベルナールは貧苦のなかで育つ。中等学校修了後,劇作家となり,脚本を書いたが,劇評家 S.M.ジラルダンの忠告に従ってパリの医学校に入学 (1834) 。のち,コレージュ・ド・フランス教授 F.マジャンディの助手となり,1846年頃から次々に重要な研究業績を上げる。膵臓が脂肪を分解することを発見し,消化における膵臓の役割を明らかにした。肝臓によるグリコーゲン合成の発見は彼の博士論文となった。植物毒のクラーレに関する研究も行い,これが運動神経のみに麻痺を生じ,知覚神経に影響がないことを見つけ,神経研究の手段として利用可能であることを示した。これらの業績が認められ,54年,彼のためにパリ大学に一般生理学教授のポストが新設され,また科学アカデミー会員に選ばれた。マジャンディの跡を継いでコレージュ・ド・フランスの教授 (55) 。 60年頃より病気のため一時実験から退いて,医学,生物学の方法論を構築することに専念。従来は実験を行う前にあらかじめ仮説を立てることの必要性が意識されていなかったのに対し,ベルナールは仮説の正否を検証するのが実験にほかならないと考え,仮説の重要性を強調した。 65年に著わした『実験医学序説』 Introduction à l'étude de la médecine expérimentaleで,生理学は物理学・化学に立脚すべきこと,生命力の概念は無効であること,生体解剖は生理学研究に不可欠なこと,生物学は科学的決定論に従うものであることなどを論じ,その後の生物学の発達にとって方法論上の基礎を与えた。内部環境の概念をつくりだしたこともベルナールの功績の一つとされており,それは内分泌学成立にとって理論面での準備となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルナール
Bernard, Émile
[生]1868.4.28. リール
[没]1941.4.16. パリ
フランスの画家著述家パリで F.コルモンのアトリエに入る。印象派の影響を受け,ゴーガンとともにクロアゾニスムに力を尽した。 1905年に季刊紙『美の革新』を発行。画家としてよりも詩人,美術評論家として,ゴッホセザンヌなどを紹介したことで知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルナール
Bernard, Jean-Jacques
[生]1888.7.30. アンギアンレバン
[没]1972.9.12. パリ
フランスの劇作家。小説家 T.ベルナールの子。真実は語られる言葉の陰にあることを標榜した「沈黙派」の一人で,代表作は『マルチーヌ』 Martine (1922) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルナール
Bernard, Tristan
[生]1866.9.7. ブザンソン
[没]1947.12.7. パリ
フランスの劇作家,小説家。本名 Paul Bernard。パリ大学法学部卒業後,さまざまな職業を経たのち,戯曲ニッケルめっきの足』 Les Pieds nickelés (1895) で成功を収め,軽妙な風刺のきいた作品を多数残した。代表作,喜劇『英語を話せばこんなもの』L'Anglais tel qu'on le parle (99) ,『三本足』 Triple-patte (1905) ,『プチ・カフェ』 Le Petit café (11) ,小説『堅実な青年の回想』 Les Mémoires d'un jeune homme rangé (1899) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルナール
Bernhardt, Sarah
[生]1844.10.22/23. パリ
[没]1923.3.26. パリ
フランスの女優。本名 Henriette-Rosine Bernard。 1862年コンセルバトアールを卒業後,コメディー・フランセーズの『オーリッドのイフィジェニー』 (J.ラシーヌ作) で初舞台。 1869年オデオン座で F.コペの『行人』の吟遊詩人を男装して演じ,一躍脚光を浴びた。 1879年にはヨーロッパ,南北アメリカを巡演。 1893年にはルネサンス座の座長,1897年にはみずからの名を冠した劇場の座長となる。あたり役は『フェードル』のフェードル,『椿姫』のマルグリット。 1905年『トスカ』のラストシーンで飛び降りたときのけが遠因となって 1915年足を切断したが,演劇への情熱は衰えなかった。 1914年レジオン・ドヌール勲章を受章

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルナール
ベルナルドゥス[クレルボー]」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルナール
ベルナルドゥス[シャルトル]」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベルナール(Bernard de Clairvaux)
[1091~1153]中世フランス修道士シトー会に入り、のちクレルボーに大修道院創設

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルナール(Claude Bernard)
[1813~1878]フランスの生理学者。膵液(すいえき)の消化作用、肝臓グリコーゲン生成作用の発見神経による血管運動解明など、多くの業績がある。実験医学序説」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルナール(Sarah Bernhardt)
[1844~1923]フランスの女優コメディー‐フランセーズ専属、のち「椿姫」「トスカ」などを演じて世界的名声を博した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベルナール【Claude Bernard】
1813‐78
フランスの生理学者。ソーヌ川に沿ったサン・ジュリアン村でブドウ栽培を業とする家に生まれ,初等教育を受けたのち,リヨンのある薬屋に雇われたが,劇作家になる夢を抱いてパリに出た。しかし,こと志とくいちがい,やがて医学の勉強に身を入れるようになり,コレージュ・ド・フランスの生理学教授F.マジャンディ知遇を得て,1841年その助手に採用され,2年後には胃液の作用に関する論文学位を受けた。54年ソルボンヌ大学生理学初代教授,同年アカデミー・デ・シアンス会員,翌55年恩師急逝のあとを継いでコレージュ・ド・フランス教授となり,69年フランス学士院会員に推挙されたが,すでにそのころから病気がちの日々を過ごすようになり,78年2月10日尿毒症でした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ベルナール【Sarah Bernhardt】
1844‐1923
フランスの女優。本名はロジーヌ・ベルナールRosine Bernard。〈黄金の声voix d’or〉とたたえられた美声持主で,19世紀末の名優〈聖なる怪物〉たちの一人。パリに生まれ,国立演劇学校(コンセルバトアール)を卒業し,1862年コメディ・フランセーズにデビュー。75年に同座の正式座員(ソシエテール)になる。77年,J.ラシーヌの《フェードル》のヒロイン役は大当りをし,同じく《アンドロマック》のヒロイン,V.ユゴーの《エルナニ》のドニャ・ソルを演じ,さらに79年のユゴーの《リュイ・ブラス》(初演)の女王役などは,名優ムーネ・シュリーとの共演でも評判となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ベルナール【Bernard】
B. de Clairvaux 1090~1153 フランスの神秘思想家。シトー会に入り、クレルボーに修道院を創設。アベラールらの弁証学的傾向を攻撃、キリストへの愛と帰依を強調した。「蜜流るる博士」と称される。
Claude B. 1813~1878 フランスの生理学者。膵液の脂肪消化や肝臓のグリコーゲン製造分解などを発見し、一般生理学の創始者といわれる。著「実験医学序説」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルナール【Sarah Bernhardt】
1844~1923 本名 Rosine Bernard フランスの女優。「椿姫」などの悲劇を得意とし、世界各地を巡演し国際的名声を得た。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ベルナール
生年月日:1866年1月17日
フランスの彫刻家
1931年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ベルナール
[一] (Émile Bernard エミール━) フランスの画家。ゴーガンらとともに総合主義をおこし、クロワゾニスムと呼ばれる色面構成を試みる。また、評論・批評を通してセザンヌ、ゴッホなどを紹介した。(一八六八‐一九四一
[二] (Claude Bernard クロード━) フランスの生理学者。近代実験医学の祖。脳神経系の研究、物質代謝の研究、肝グリコーゲンの研究などを行なった。「内分泌」の命名者。著に「実験医学序説」など。(一八一三‐七八
[三] (Sarah Bernhardt サラ━) フランスの女優。本名ロジーヌ=ベルナール。「フェードル」「トスカ」「椿姫」などの当たり役をとった。後に一座を率いてテアトル‐デ‐ナシオン(現在のサラ‐ベルナール劇場)に本拠をおいて活躍した。(一八四四‐一九二三
[四] (Tristan Bernard トリスタン━) フランスの喜劇作家。二〇世紀初頭に、伝統的な喜劇、ボードビルを復活させ、風俗を風刺した。作品に「コドマ氏」など。(一八六六‐一九四七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ベルナール
Claude Bernard
1813〜78
フランスの生理学者
『実験医学序説』(1865)で,生命現象を科学により解明できると主張。初めて内分泌の語を用いた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルナール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベルナールの関連情報

関連キーワード

ペグマタイトグリム(兄弟)サウジーアドネドンケル=クルティウスフォーチュンドゥーフ鉄十字章サウジー式亭三馬

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation