@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベルマン【べるまん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベルマン(Carl Michael Bellman)
べるまん
Carl Michael Bellman
(1740―1795)
スウェーデンの詩人。はで好みで、文芸、芸能を愛したグスタフ3世の寵遇(ちょうぐう)を得て、宮廷秘書の称号と年金を賜る。ストックホルムの酒場に入り浸り、酒と恋をモチーフに人生の哀歓を歌い、軽妙なパロディーを奏でた。彼の詩は楽の音にあわせて歌う唄(うた)で、1768年ころからの作品を集めた詞華集『フレードマン書簡』に番号をつけて収められている。毎年7月26日には「ベルマン祭」がストックホルムで華やかに行われる。[田中三千夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベルマンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation