@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベルマン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベルマン
Bellman, Carl Michael
[生]1740.2.4. ストックホルム
[没]1795.2.11. ストックホルム
スウェーデンの詩人。この国の酒飲み歌の伝統をくむシャンソン風の詩を多く作り,みずからツィターを奏しながら即興の曲をつけて,酒場で歌ったりもした。ウプサラ大学で学んだが1年足らずで退学,しばらく国立銀行に勤めたが,借財をつくり,1763年債権者から逃れて数ヵ月ノルウェーで過した。帰国後小役人となり,グスタフ3世の知遇も得た。作品は風刺詩,宗教詩,恋歌,パロディーなど多彩。詩集に『フレドマンの書信』 Fredmans epistlar (1790) ,『フレドマンの歌』 Fredmans sånger (91) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベルマン【Carl Michael Bellman】
1740‐95
スウェーデンの詩人。文芸の保護奨励に厚かったグスタブ3世の寵を受け,宮廷秘書の称号,年金を賜った。酒場に入りびたっては酒,恋,人生の哀歓を歌い,また軽妙なパロディをも残した。音楽に合わせて歌うその歌は,1768年ころからの作品を集めた詞華集《フレードマン書簡》(1790)に番号をつけて収録されている。の詩人,流しにも似たその詩風は20世紀プロレタリア詩人のそれの源流となっているともいえる。毎年7月26日ストックホルムで〈ベルマン祭〉が華やかに行われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

ベルマン
生年月日:1899年11月4日
ロシア生まれのアメリカの画家,舞台美術家
1972年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベルマンの関連情報

関連キーワード

フリードリヒ(2世)(プロイセン国王)ビバルディマリア・テレジア市川団蔵マリア・テレジアイワン6世シュレジエン戦争セルゲルマリア・テレジアロビンズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation