@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベルモット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベルモット
vermouth
リキュールの一種。原料のワインブランデー糖分を加え,それに苦よもぎ,りんどう,しょうぶ根などの香料薬草によって香味をつけた混成ワイン食前酒に用いられる。辛口のフレンチタイプと,甘口のイタリアンタイプとがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベルモット(〈フランス〉vermouth)
ぶどう酒にニガヨモギなどの成分を加えたリキュール。辛口(フレンチ)と甘口(イタリアン)があり、食前酒やカクテルとする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ベルモット
 リキュールの一種.数十種の香味をブランデーやアルコールに浸し,その抽出液白ワインを混ぜて作る.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベルモット【vermut[イタリア]】
強化ワインの一種。16世紀にライン・ワインにニガヨモギ(ドイツ名でWermut)の花で香りをつけたのに始まるとされる。ワインを基酒とし,これにニガヨモギのほかシナモン,コリアンダー,ウイキョウその他多くの香草を配し,スピリッツを加えてアルコール分17~20%に強化する。このためリキュールに分類されることもある。辛口(白),甘口(赤)があり,前者はワインの風味に力点をおき,後者にはより多く香草類の風味が生かされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ベルモット【vermouth】
さわやかな苦みのあるリキュール。白ワインにニガヨモギ・ニッケイなどの成分を浸み出させたもの。食前酒やカクテルに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

ベルモット【vermouth(フランス)】

主にフランス、イタリアでつくられる、白ワインににがよもぎなどの薬草類で風味づけしたフレーバードワイン。かつてはフランス産は辛口、イタリア産は甘口が特徴であったが、現在では両国とも甘口・辛口の両方のタイプをつくっている。食前酒やカクテルの材料に用いる。アルコール度数は14~20度。◇にがよもぎの意のドイツ語「ベルムート(wermut)」に由来する。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベルモット
べるもっと
vermouthフランス語
ニガヨモギを主体とする各種の草根木皮の香味をワインで抽出し、濾過(ろか)した酒。わが国の酒税法上は甘味果実酒に入る。[原 昌道]

由来

ベルモットの歴史は古い。ギリシア時代の有名な医者であるヒポクラテスが、ワインにシナモンと蜂蜜(はちみつ)を入れて患者に飲ませたのがこの種のワインの始まりといわれる。その後17世紀にドイツでワインにニガヨモギの香味を浸出させたものが飲まれるようになり、ベルムートWermut(ニガヨモギのドイツ語)と名づけられた。これがラテン語に変わり、現在のベルモットになった。[原 昌道]

作り方

使用される草根木皮はニガヨモギを主体とし、苦レモン、シナモン、ウイキョウ、チョウジなど20種類以上のものがある。これらの薬草をワインにつけ込んで香味づけを行うのであるが、それには、〔1〕ワインに直接草根木皮を浸して浸出させる方法、〔2〕草根木皮を蒸留してエキスのみをとる方法、〔3〕蒸留酒に草根木皮を浸して香味を抽出し、これをワインに加える方法などがある。香味をつけられたワイン(ブランデーや糖類を加えて補強してある)は濾過し、熟成させたのち出荷する。[原 昌道]

種類と特徴

ベルモットの主要生産地はイタリアとフランスで、前者は北イタリア、ピエモンテ地方のトリノを中心につくられ、後者は南フランスのアビニョンからマルセイユに至る地域から産出される。
 酒質は、イタリアン型が濃色甘口であるのに対して、フレンチ型は淡色辛口である。アルコール分は14~20%含まれる。有名なベルモットとしては、イタリアンのチンザノ、マルティーニ、ガンシア、フレンチのノワイィ・プラがある。そのほかベルモットとややタイプを異にするが、強壮的なワインとして次のようなものがある。〔1〕デュボネ 白ワインにキニーネを主とした各種生薬(しょうやく)を浸してつくった酒。フランスのジョセフ・デュボネが、スペイン国境で飲まれていたものをつくりかえたといわれる。〔2〕ビル ワインに蜂蜜、キナの皮を加えてつくったフランス産の酒。色が濃く、辛くてやや苦味がある。〔3〕キナ・リレ ソーテルンの甘口ワインにキナなどの生薬を加えて香味を浸出し、アルマニャックで強めた酒。〔4〕サン・ラファエル キニーネの入ったフランス産ワイン。赤と白がある。〔5〕アメール・ピコン ワインにオレンジの皮やキニーネを用いるほか、アフリカ、アルジェリア産の薬草を原料としてつくられる。アメール(苦い)という名のとおり苦味の非常に強いビタース(苦味酒)の一種である。フランス人ピコンがこれを創製したのでこの名がある。〔6〕ウインカニス ワインに肉エキスと麦芽汁を加えてつくったイギリス産の酒で、暗紅色の甘い酒である。[原 昌道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ベルモット
〘名〙 (vermout(h))⸨ヴェルモット⸩ 洋酒の一つ。白ぶどう酒を主原料にし、ニガヨモギなどの薬草類を浸して作ったリキュール。食前酒やカクテルとする。
※演歌・オッペケペー歌(1887‐92頃)〈川上音二郎〉「ビールにブランデーベルモット」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルモット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベルモットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation