@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベレニス【べれにす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベレニス
べれにす
Brnice
フランスの劇詩人ラシーヌの五幕韻文悲劇。1670年初演。ローマ皇帝ティチュスは東方遠征から連れ帰ったパレスチナ女王ベレニスと相愛の仲だが、ローマの掟(おきて)は異国人との結婚を禁じている。2人の友で東方小国の王アンティオキュスも女王を恋しているが、皇帝との結婚を待ちこがれる彼女は耳を貸さない。苦悩する皇帝は重臣ポーランに説得され、アンティオキュスに女王を伴い東方へ帰るよう頼むが、彼女の絶望の前に動揺する。女王は皇帝の愛を確かめて、「この苦しい瞬間に、最後の力であとを飾りたい」と決心し「3人は全世界にこのうえなく優しく切ない恋の鑑(かがみ)」と別れを告げる。彼らの気高い心情とその変転の明暗を、優美な旋律と激情の交錯で描いた傑作。この作は先輩コルネイユと同一主題の競作となったが、ラシーヌは序文で、「無から創作した」単純な内容に悲劇の「荘重な悲哀」を盛ったことを誇り、暗に先輩の複雑な筋立てを批判している。[岩瀬 孝]
『伊吹武彦訳『ベレニス』(『ラシーヌ戯曲全集 巻一』所収・1964・人文書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベレニス(〈フランス〉Bérénice)
ラシーヌによる悲劇。1670年発表。ローマ皇帝チチュスと異国の女王ベレニスの悲恋を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベレニス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベレニスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation