@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベロット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベロット
Bellotto, Bernardo
[生]1720.1.30. ベネチア
[没]1780.8/10.17. ワルシャワ
イタリアの風景画家。伯父 A.カナレットのスタジオで学び,彼自身もカナレットと呼ばれた。北イタリア各地を遍歴したのち,1747~66年にドレスデンでフリードリヒ・アウグスト2世の宮廷画家となり,67年ポーランドのスタニスワフ2世の宮廷画家となってワルシャワに住んだ。主要作品『ドレスデンの風景』 (1757,ドレスデン国立絵画館) ,『ワルシャワの風景』 (68,ポーランド国立博物館) の連作

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベロット
べろっと
Bernardo Bellotto
(1722―1780)
イタリアの画家。ベネチア生まれ。カナレット(アントニオ・カナル)の甥(おい)で、またその弟子。伯父と同様に自らカナレットと名のったため、両者の作品の間に混乱が生ずることになった。師と同様、実景を記録的に描いた都市風景画(ベドゥータ)で知られるが、冷ややかな色彩を用い、師以上に精密に対象を描写している。若いころはカプリッチcapricciと称する幻想的風景画も描いた。1747年ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世に招かれてドレスデンに赴き、1766年まで主として同地にあって、ドレスデン、ピルナ、ケーニヒシュタインなどの風景を描く。この間、1758~1759年ウィーンに滞在し、1761年にはミュンヘンを訪れている。さらに1767年ロシアに向けてたった画家は、途次、ポーランド王スタニスラス2世の招きに応じてワルシャワに立ち寄り、そのまま宮廷画家としてとどまり、1780年11月17日同地で没した。作品に『ドレスデン風景』(1747・ドレスデン国立絵画館)があり、類似のエッチング作品もある。[西山重徳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベロット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベロットの関連情報

関連キーワード

サルデーニャ王国ワトーサルジニア王国ダンジョーディーンツェンホーファーハイデルベルクバロック音楽行着徴用された朝鮮人らの遺骨問題江戸木遣り唄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation