@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベロー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベロー
Belleau, Rémy
[生]1528. ノジャンルロトルー
[没]1577.3.6. パリ
フランスの詩人。 1556年,アナクレオンのオードの翻訳者として詩壇に登場。プレイヤッドの一人に数えられたこともある。代表作は『牧歌詩』 La Bergerie (1565,72) ,『愛と宝石の新奇な転成』 Les Amours et nouveaux échanges des pierres précieuses (76) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベロー
Bellow, Saul
[生]1915.7.10. カナダ,モントリオール近郊ラシーヌ
[没]2005.4.5. マサチューセッツ,ブルックライン
アメリカの小説家。シカゴ大学を経てノースウェスタン大学卒業。諸大学で教鞭をとるかたわら小説を書き,処女作『宙ぶらりんの男』 Dangling Man (1944) ,『犠牲者』 The Victim (1947) によって,ユダヤ系作家の枠をこえて現代人一般の本質に迫る内省的な作家であることを印象づけた。次いで伸びやかな筆で主人公の活躍を描く,ピカレスク風の『オーギー・マーチの冒険』 The Adventures of Augie March (1953,全米図書賞) を発表,この作風は『雨の王ヘンダーソン』 Henderson the Rain King (1959) にも引き継がれた。ほかに『ハーツォグ』 Herzog (1964,全米図書賞) ,『サムラー氏の惑星』 Mr. Sammler's Planet (1970,全米図書賞) ,『フンボルトの贈り物』 Humboldt's Gift (1975,ピュリッツァー賞) ,短編集『モズビーの思い出』 Mosby's Memoirs and Other Stories (1968) ,戯曲『最後の分析』 The Last Analysis (1965) などがある。 1972年来日。 1976年ノーベル文学賞受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベロー
Below, Georg von
[生]1858.1.19. ケーニヒスベルク
[没]1927.10.21. バーデンワイラー
ドイツの歴史家。 1897年マールブルク,1901年テュービンゲン,05年フライブルクの各大学教授。歴史学派経済史学や唯物論的歴史解釈に強く反対しつつ,ロマン主義に根ざす理想主義的歴史観に立って,きわめて鋭い批判的な方法により,中世ドイツの国制史,社会経済史にすぐれた業績を残した。主著に『ユーリヒ=ベルク領邦議会制』 Die landständische Verfassung von Jülich-Berg (2巻,1885~86) ,『領邦と都市』 Territorium und Stadt (1900) ,『中世のドイツ国家』 Der deutsche Staat der Mittelalters (第1巻のみ 14,25) ,『経済史の諸問題』 Probleme der Wirtschaftsgeschichte (20) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベロー(Saul Bellow)
[1915~2005]米国の小説家。カナダ生まれ。ユダヤ系。現代米国文学を代表する小説家の一人。1976年ノーベル文学賞受賞。小説「宙ぶらりんの男」「その日をつかめ」「ハーツォグ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベロー【bellows】
金属薄板製円筒の側壁に多くのしわをつくってちょうちん状にした機械要素。ベローの内部・外部の圧力差の増減に応じて大きく伸縮する性質がある。この性質を利用して流体の圧力の変動を距離(ストローク)の変化に変換する自動制御用要素としての応用がもっとも重要な用途である。このほか,空気ばねとしての用途,圧力容器または管路内へ出入するロッドのまわりからのもれ止めに利用することもある。なお,bellowsという英語はそもそもはふいごや写真機などの蛇腹のことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ベロー【Georg von Below】
1858‐1927
ドイツの歴史家。ケーニヒスベルクに生まれ,ミュンスター,マールブルク,チュービンゲン,フライブルクの各大学教授を歴任。近代的法概念を中世に適用することにより,中世ドイツ帝国の〈国家性〉を論証することに努め,中世ドイツ国家史論争を,古典学説をより定式化して確立することによって終結せしめた。領邦制度史,中世都市制度史,農業史,史学史などに多くの著作があり,方法的明晰さと概念的厳密性を武器に,諸問題の明確化のために貢献した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ベロー【Saul Bellow】
1915‐
カナダ生れのアメリカの小説家。ユダヤ系。9歳のとき両親と共に移住したシカゴの陋巷(ろうこう)で少年時代を送り,シカゴ大学からノースウェスタン大学に移って人類学と社会学の分野優等で卒業。20代の大半をさまざまな職業につきながらの創作精進に過ごしたあげく,1944年に発表した処女長編《宙ぶらりんの男》が好評を博し,続いて46年には英語の講師としてミネソタ大学就職,以来方々の大学で英文学や創作指導の授業を担当しながら,活発な創作活動を続けている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ベロー【Saul Bellow】
1915~2005 アメリカの小説家。人類学と社会学を修める。現代アメリカ文学における知性派作家の代表。代表作「オーギー=マーチの冒険」「ハーツォグ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ベロー
ベロー
bellows

大きな可動性を特徴とする蛇腹に似た図のような構造をもつ機械部品で,リン青銅,低炭素ステンレス鋼,黄銅などの薄い管材料に冷間ダイス圧延加工をして成形されたものが多い.伸び曲げが機械的に自由であり,気密な構造にすれば内外の圧力差により軸方向に伸縮するため,この性質を利用して圧力計,圧力スイッチ,調圧弁,温度制御,回転軸のシール,真空バルブ,ポンプ類,伸縮・可動継手などの部品として用いる.市販のサイズは内径6~800 mm 程度.化学用としては,テフロン製品や金属にテフロンコーティングをしたもの,合成ゴム,プラスチックの製品がある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベロー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベローの関連情報

関連キーワード

ポントルモグリューネワルト享禄ナルバエスパラケルスス薬師寺明智光秀明智光秀犬筑波集王陽明

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation