@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベンガル湾【ベンガルわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベンガル湾
ベンガルわん
Bay of Bengal
インド洋北東部の大湾。西をインド,スリランカ,北をバングラデシュ,東をミャンマーとマレー半島北半部にはさまれる。水深は南部では 3000~4000mだが,北部ガンジス,ブラマプトラ両大河の運ぶ土砂により,著しく遠浅となっている。国際協同観測の結果,ニコバル諸島からスマトラの近くで,北~南インドネシア海溝が発見された。湾奥に開けるガンジスデルタの諸河川の河口を基地とする沿岸漁業が盛ん。9~10月にはサイクロンが発生し,ベンガル地方はしばしば被害をこうむる。バングラデシュのチッタゴン沖では海底油田の開発が進められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベンガル‐わん【ベンガル湾】
インド洋北東部、セイロン島インド半島アンダマン諸島ニコバル諸島に囲まれる海域

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベンガルわん【ベンガル湾 Bay of Bengal】
北緯10゜以北のインド洋のうち,インド半島の東方に広がる海域。東限はミャンマーのアラカン海岸からアンダマン諸島を結ぶ線で,東西幅の最大は約1300km。したがって湾とは名ばかりで,〈海〉と呼ぶにふさわしい広さと深さ(水深2000~4000m)とを有し,島はない。湾奥にあたる北端はガンガー(ガンジス)川の三角州によって埋没され,さらにその前面170kmまで大陸棚が横たわる。また,半島部の海岸にもマハナディ,ゴーダーバリー,クリシュナー,カーベーリなどの三角州が並ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベンガル湾
べんがるわん
Bay of Bengal

インド洋北東部にある大湾。東はミャンマー(ビルマ)とインド領のアンダマン諸島、ニコバル諸島、北はバングラデシュ、西はインドに囲まれ、南西端にセイロン島が位置する。面積220万平方キロメートル。海底は比較的単調で、東部に東経九十度海嶺(かいれい)が南北に直線的な高まりをつくるほかは、ガンジス深海扇状地とよばれる深さ1500~4000メートルの平坦(へいたん)面が広がる。湾奥のガンジス・デルタの沖では100メートル等深線が220キロメートルほど張り出し、かつての陸上水系が沈降した沈水谷がみられる。夏には熱帯低気圧が多く発生し、北東部の沿岸はしばしば被害を受ける。古くから海上貿易が盛んで、湾岸にはインドのコルカタ(カルカッタ)、チェンナイ(マドラス)、バングラデシュのチッタゴンなどの港がある。

[中田 高]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ベンガル‐わん【ベンガル湾】
インド洋北東部、インド東岸とミャンマー、アンダマン・ニコバル両諸島に囲まれた海域。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベンガル湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベンガル湾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation