@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベンガル語【ベンガルご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベンガル語
ベンガルご
Bengali language
インドのウェストベンガル州ならびにバングラデシュに約1億 5000万人の話し手をもつ言語インド=ヨーロッパ語族インド語派に属し,ビハール語オリヤ語とともに中期プラークリット語の一つであるマーガディー語系統をひくと考えられている。話し言葉の標準語はカルカッタ方言に基づく。書き言葉語彙文法も話し言葉との違いが大きい。古くからすぐれた文学をもつ。文字はナーガリー文字変種。文豪タゴールの言語として有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベンガルご【ベンガル語 Bengali】
ベンガル人自身はバングラ・バシャBānglā‐bhāṣāといい,現在バングラデシュ人民共和国の国語,またインドの西ベンガル州公用語として約1億4000万の人々に使用されている。インド・ヨーロッパ語族インド語派(インド・アーリヤ諸語)の東部言語群に属するが,形成期にムンダ,ドラビダ,モンゴル系統の言語の影響を受け,さらにサンスクリットアラビア語ペルシア語ポルトガル語,フランス語,英語などからの借用語彙を多く含んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ベンガルご【ベンガル語】
バングラデシュの公用語。インドヨーロッパ語族、インドイラン語派に属す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典

ベンガルご【ベンガル語】
インドヨーロッパ語族インド語派に属する言語。バングラデシュの国語、インドの西ベンガル州とトリプラ州の公用語で、話者数は2億2000万人。プラークリットを継承して生まれ、インド東部に広がった言語で、最古の文献は10世紀半ばの宗教詩だが17世紀以降は散文も発達、豊かな文学的伝統をもつ。1913年にはタゴールがベンガル語の詩でノーベル賞(文学賞)を受賞した。表記にはブラーフミー文字から派生したベンガル文字を使う。1947年のインド・パキスタンの分離独立後、ベンガル語を話す東パキスタンでウルドゥー語が強制されたため、ベンガル語の公用語化を求める運動が展開され、1971年のバングラデシュの独立につながった。このデモで犠牲者が出た(1952年)2月21日を、ユネスコは1999年から「国際母語デー」としている。◇英語でBengali。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベンガル語
べんがるご
Bengali
インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派に属するアーリア諸語の一つで、アッサム語、オリア語などとともに東部語群を形成する。現在バングラデシュの国語となっており、インド西ベンガル州、マニプル州、トリプラ州等の公用語でもあり、約1億5000万人の使用人口をもつ。ベンガル語には文語形と口語形の二形式があるが、コルカタ(カルカッタ)市に定住するベンガル人中流家庭の日常会話体が口語形式の、またアジア人最初のノーベル文学賞受賞者であるラベンドラナート・タゴール(1913年受賞)の作品の文章体が文語形式の標準形と考えられている。
 ベンガル文字は、他のインド諸言語の文字と同様ブラーフミー文字の系統に属し、一字が一母音、ないし子音(群)と母音の結合を表す音節文字である。ベンガル語発達の歴史をみると、まずマーガディー・アパブランシャ語がアバハッタ語の影響を受けつつ8世紀中葉に初期ベンガル語として成立し、13世紀から18世紀にかけて成長する中期ベンガル語の過程を経て、19世紀以降現代ベンガル語の形態をとるに至っている。形成期にはムンダ諸語やドラビダ諸語の影響を受け、成長の過程ではサンスクリット語、アラビア語、ペルシア語、ポルトガル語、英語などから多くの語彙を借用している。現存最古のベンガル語文献は10世紀中葉の宗教詩『チャリア・ギータ』で、初期・中期の文献もみな韻文で書かれ、散文が初めて現れるのは17世紀後半になってからである。[奈良 毅]
『S. K. Chatterji The Origin and Development of the Bengali Language, 3 vols. (1970, George Allen & Unwin Ltd., London)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ベンガル‐ご【ベンガル語】
〘名〙 インド‐ヨーロッパ語族インド‐イラン語派インド‐アーリア諸語の一つ。バングラデシュの国語、インド、西ベンガル州の公用語。インド系文字であるベンガル文字で表記される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベンガル語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベンガル語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation