@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベーコン(Francis Bacon、画家)【べーこん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ベーコン(Francis Bacon、画家)
べーこん
Francis Bacon
(1909―1992)

イギリスの画家。ダブリン生まれ。17、8歳のころ1人でロンドンに出、ついでベルリンとパリに約2年滞在、室内装飾などの手間仕事をしながら水彩画を、1929年ころにはロンドンに移って油彩画を始める。初め室内装飾や家具などで注目されたのち、油彩画に専念することになる。写真や複製をもとに、有機的形態を極度に変形した形で表現し、奇怪な生物や人間が原色で数多く描かれることになる。グレアム・サザランドとも親交を結び、互いに影響を受ける。『ベラスケスによる習作、教皇インノケンティウス10世』の連作など、取りつかれたように制作する。室内の人物像など、色彩も形も極度に変形された画面だが、近作になるにつれ、原色のコントラストと変形にもかかわらず、全体として画面全体がしだいに落ち着きを増してきた。

[岡本謙次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベーコン(Francis Bacon、画家)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベーコン(Francis Bacon、画家)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation