@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベース【べーす】

デジタル大辞泉

ベース(base)
もとになるもの。基礎。基本。土台。「ラム酒をベースにしたカクテル」
根拠地。基地。
野球で、。「二塁ベース
塩基。また、塩1個を示す単位

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベース(bass)
低音。低音部。バス。
コントラバス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

ベース
(1) 最終充填物(mesostasis)と同様の意味で使用された[Brongniart : 1813].ツィルケルは斑状岩の区分されていない基盤の混合物に使用した.マイクロフェルシックまたは非晶質である.これに対して石基(groundmass)は完全に肉眼的なものに用いるので,石基とベースを混同してはならない[Hatch : 1888].(2) 塩基(えんき)と訳し,化学物質の分類の一つで,塩基は陽子受容体あるいは電子対供与体である.(3) 底面(ていめん)と訳し,結晶面の意味に使用する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ベース【base】
野球で、塁。 ホーム
基準。基礎。土台。 賃金-
根拠地。基地。特に軍事基地。
トランジスタの電極の一。コレクターとエミッターの間に設けられた領域をいい、一般にベースとエミッターの間に信号電流を流す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベース【bass】
ダブルベースの略。 → コントラバス
ジャズ・ロック・ポップスなどで最低音部を担当する楽器の総称。一般にジャズではピッチカート奏法によるダブルベース、ロックやポップスではエレクトリックベースを使う。
男声の最低音域。バス。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベース
base
トランジスタエミッタコレクタにはさまれた中間の領域。 W.ショクリーらが最初にトランジスタを発明したときに用いた点接触型トランジスタにおいて,ゲルマニウム結晶を載せる台 (base) の部分であったため,このように名づけられた。ベースにはエミッタから少数キャリアが注入され,その中を拡散していって,コレクタに到達してコレクタ電流を生じる。途中で再結合したものはベース電流となる。再結合をなるべく少くし,また高周波でも十分な増幅をするように,ベース層はきわめて薄くつくられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ベース
〘名〙 (base)
① 物事のもと。主体となるもの。基準。基本。基礎。土台。特に、基本給。
※帰郷(1948)〈大仏次郎〉過去「三千六百円ベースでは不親切になるのは当然のことで」
② 基地。根拠地。
③ 野球で、内野の各塁。また、そこに置くもの。
※松蘿玉液(1896)〈正岡子規〉七月二三日「ベースボールに要するもの〈略〉基(ベース)三個、本基(ホームベース)
④ トランジスタを構成する一部分の名称。三極真空管のグリッドに相当する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベース
〘名〙 (bass)
① 低音。低音部。バス。
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉上「腹の底より押しあげた様なる乙音(ベース)を発しつつ」
② (「ダブルベース」の略) =コントラバス
※夜、生きるもの(1960)〈菊村到〉男がうたうとき「ピアノ、ベース、ドラム、テナー・サックスという編成である」
③ ②と同じ音域をもつエレキギター。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ベース
ベース
base

[別用語参照]トランジスター

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベースの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation