@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ベーダ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ベーダ
Beda(Baeda; Bede)
[生]672頃.ダラムジャロー
[没]735.5.25. ダラム,ジャロー
イギリス,アングロ・サクソン時代の聖職者,神学者,歴史家,科学者。聖人。教会博士。ビードともいわれ,「尊師」 Venerableと呼ばれる。7歳でサンダーランドの修道院に入り,19歳で助祭,30歳で司祭,師ベネディクト・ビショップが収集した膨大な蔵書を利用して広大な学識を養い,天文,医学そのほかほとんどすべての分野に通じ,著作も 40編に近い。聖書の注釈を主とするが,ほかに『韻律について』 De arte metrica (701/2) ,『年代算出法』 De temporum ratione (725) ,『自然物について』 De rerum naturaなどがある。代表的な業績は『英国民教会史』 Historia Ecclesiastica gentis Anglorum (731/2) で,ローマのイギリス侵攻から 731年にいたる歴史と伝説を記したもので,イギリス中世初期の最重要の史料の1つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベーダ
Veda
バラモン教およびヒンドゥー教の根本聖典の総称。インド最古の文献で,祭祀に関係ある語句や文章の集録。前 1500年頃から数世紀にわたって集成された。リグ,サーマ,ヤジュル,アタルバの4種の区別がある。賛歌,歌詠,祭詞,呪詞などの集録された主要部分を本集 (サンヒター) といい,狭義のベーダはこの部分をさす。また本集に付随する文献として,ブラーフマナ,アーラニヤカウパニシャッドがあり,広義では,すべてを含め天啓聖典とみなされる。インド文化の源泉として,後世の宗教,哲学思想,文学に多大の影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベーダ(Baeda/Beda)
[673ごろ~735]英国の神学者・歴史家。幅広い学識と人格によって「尊敬すべきベーダ」とよばれた。著「英国教会史」など。ベード。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベーダ(〈梵〉Veda)
《知識の意》インド最古の文献で、バラモン教の根本聖典。起源はアーリア民族の自然賛美ので、前1200~前500年の成立と推定され、リグ・サーマ・ヤジュル・アタルベの4ベーダ(祭式上の区別)から成る。内容上からジュニャーナカーンダ(哲学的、宗教的思索部門)とカルマカーンダ(施祭部門)の二つに大別される。→リグベーダ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベーダ【Beda】
673ころ‐735
イギリスの聖書学者,歴史叙述者,聖人ビードBedeともいい,〈尊者Venerabilis〉と称される。7歳で生地ウィアマスの修道院に入り,まもなくジャロー修道院に移る。692年ころ異例の若さで助祭に任ぜられ,703年ころ司祭となる。早くから聖書研究に専心し,その学識は同時代人にも高く評価された。初期の作品《文字論》はアルファベット順に編集された事典であり,《韻律法》はさまざまな詩の形式を集めて解説したもので,ともに修道院の年少者の教育に資するためのものであったらしい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ベーダ【Veda】
古代インドのバラモン教の聖典の総称。インド最古の文献であり,古代インドの宗教,神話はもちろん,社会事情一般を知るうえで不可欠の重要な資料とされる。〈ベーダ〉という語は,〈知る〉を意味するサンスクリットの動詞語根ビドvid‐から派生した名詞で,もともとは知識一般を意味するが,とくに聖なる知識,宗教的知識を指すようになり,転じてそのような宗教的知識を収めた聖典の名称となった。バラモン教は,前1500年前後にインド亜大陸に侵入したインド・アーリヤ民族の民族宗教であるが,祭式を行って神々に供物をささげ,それによって神の恩恵を期待するという祭式主義をその根幹としている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ベーダ
(Beda) イギリスの神学者、歴史家。百般の学に通じ「イギリス教会史」などを著わした。尊師ベーダと呼ばれる。七三五年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベーダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ベーダの関連情報

関連キーワード

弘文天皇天智天皇犬養五十君蘇我果安天智天皇穂積百足犬養五十君朴井雄君大伴吹負大友皇子

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation